これってアデノイド顔貌?お口もとがもっこり見える悩みを解消しよう

写真拡大 (全9枚)

 「下の顎が小さくて気になる」「口もとがもっこりして見える」そんなお悩みについてご相談されることが多くあります。

口もとのお悩みの原因のひとつに「アデノイド顔貌」があります。スポーツ選手や芸能人にも多いアデノイド顔貌は、コンプレックスに感じて治療される方が少なくありません。

今回はアデノイド顔貌の特徴と治療法について詳しくみていきましょう。

アデノイド顔貌とは

アデノイド顔貌とは、リンパ組織のひとつであるアデノイドが肥大することによって起こる特徴的なお顔つきのことを指します。

細菌やウィルスが侵入すると、アデノイドが炎症を起こし肥大します。特に幼少期にアデノイドが肥大することで口呼吸が習慣化すると、下の顎が小さく上の前歯が突出したアデノイド顔貌の状態になりやすくなります。

アデノイド顔貌の特徴

顎が小さい

アデノイド顔貌の特徴のひとつとして、顎が小さいことが挙げられます。特に下顎が小さく、ほとんど下顎がない状態であることも珍しくありません。

口呼吸が習慣化することで、下顎の発達が悪くなることが主な原因です。

出っ歯/口ゴボになりやすい


下顎の発達が悪いことで、相対的にみて上顎が前に出ているように見えることがよくあります。上顎や前歯が前に出ていなくても、下顎が後退していることで出っ歯のようにみえる状態です。

また、アデノイド顔貌の方の場合、顎が小さいことで歯並びにがたつきが見られることが多くあります。歯列が上顎に収まらないことで、出っ歯/口ゴボの状態となっていることがよくあります。

面長なお顔になりやすい

アデノイド顔貌の方の場合、口呼吸が習慣化することでお口が開いた状態となり、顎まわりの筋肉が退縮することで面長なお顔の印象になっていることがよくあります。

・今すぐ読みたい→
芸能人にも多いガミースマイル!原因と治療法を徹底解説 https://cocokara-next.com/lifestyle/causes-and-treatment-of-gummy-smile/

アデノイド顔貌にはセラミック矯正がおススメ

「アデノイド顔貌を治したいけれど、外科手術はしたくない」「短期間にアデノイド顔貌を治したい」そんな方にご支持をいただいているのが、セラミック矯正によるアデノイド顔貌の治療です。軽度〜中度のアデノイド顔貌の場合に有効な方法と言えます。

また、ご自身では美容外科クリニックでの外科手術が必要とお考えの場合でも、セラミック矯正によって入院や外科処置の必要なくアデノイド顔貌を解消できるケースも多くあります。

アデノイド顔貌をセラミック矯正で改善する場合の特徴をみていきましょう。

短期間にアデノイド顔貌を解消できる

歯並び矯正の場合、少しずつ歯列を動かすことでアデノイド顔貌を改善するため、通常2年〜3年ほどの期間が必要になります。

一方セラミック矯正では、1カ月半〜2カ月と短期間にアデノイド顔貌を解消することができます。短期間に治療が完了するので、患者さまのご負担も少なくストレスフリーな治療法と言えます。

※患者さまのご都合等で通院いただけない場合は治療期間が異なります

歯並びも同時に美しくできる

アデノイド顔貌の方の場合、前歯を中心に歯並びが悪いことが少なくありません。また、歯並びが悪いことでお口もとに対するコンプレックスがより深まっているケースもよくあります。

例えば美容整形外科で受ける顎にシリコンやヒアルロン酸を注入する治療法の場合、下顎の小ささを解消することはできますが、歯並びを改善することはできません。

一方、セラミック矯正の場合、歯並びのがたつきや出っ歯・口ゴボの状態も同時に解消することができます。「お口全体の歯並びも整えたい」「整った口もとにしたい」という方に支持されています。

後戻りの心配がない

セラミック矯正の特徴のひとつとして、後戻りの心配がないことが挙げられます。

歯並び矯正の場合、個人差はありますが多少の後戻りが生じます。また、ヒアルロン酸の注入の場合、2カ月前後で元の状態に戻ってしまいます。

セラミック矯正では、治療後に歯並びの後戻りの心配がありません。長く美しいお口もとをキープしていただけます。

外科処置や入院の必要がない

顎自体を動かす外科手術やプロテーゼを入れる美容外科手術の場合、入院が必要になることがあります。

外科処置を行うことでお顔に腫れが生じたり日常生活に戻るまでに時間がかかる場合がありますが、セラミック矯正では外科処置に伴う腫れや入院の心配がありません。

いつも通りの生活をお送りいただきながら、通院していただくことでアデノイド顔貌を改善できます。

まとめ

今回はアデノイド顔貌の特徴と治療法について詳しくみていきました。

軽度〜中度のアデノイド顔貌の場合、セラミック矯正で短期間に口もとのコンプレックスを解消することが可能です。

また、ご自身では美容外科処置が必要と思われている場合でも、セラミック矯正でアデノイド顔貌の状態を軽減できることが多くあります。

「アデノイド顔貌を短期間に解消したい」「口ゴボを治したい」などお口もとのコンプレックスについて、まずは無料カウンセリングにてお気軽にご相談ください。最適な治療をご一緒に考えていきましょう。

[記事提供:ホワイトホワイトビューティー(https://whitebeauty.tokyo/)]

監修:石井先生
店舗:恵比寿本店・LUMINE新宿店・LUMINE有楽町店
アデノイド顔貌について:https://whitebeauty.tokyo/kuti-gobo/adenoid

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
芸能人にも多いガミースマイル!原因と治療法を徹底解説 https://cocokara-next.com/lifestyle/causes-and-treatment-of-gummy-smile/