画像提供:マイナビニュース

写真拡大

東急電鉄は11月6日、車両内のセキュリティ向上を目的として、2020年7月までに東急電鉄所属の全車両へ、ソフトバンクの4Gデータ通信に対応した、LED蛍光灯一体型の防犯カメラ「IoTube」を順次導入すると発表した。

「IoTube」は、4Gのデータ通信によってカメラの映像データを送信して遠隔で記録映像を確認できるLED蛍光灯一体型の防犯カメラ。東急電鉄の協力の下、MOYAIが特許技術に基づき開発したもので、ソフトバンクが販売および通信サービスの提供を行う。

東急電鉄とソフトバンクは、2019年5月末から6月末まで、大井町線の一部の車両で「IoTube」の試験導入を行い、2019年9月から、田園都市線の一部車両でも試験導入を行っている。その結果、「IoTube」本体の強度や映像の撮影角度、設置場所におけるデータ通信のための電波強度などを確認できたことから、正式に導入を決定したという。

今後、1車両当たり4台の設置を基本として、2020年7月までに、全車両1,257両への導入を進める。

これまで、車内に設置された防犯カメラの記録映像の確認は、カメラから記録媒体を抜き取って事務所などに持ち帰り、専用パソコンで行う必要があったが、「IoTube」を活用することで、遠隔地からでもカメラで撮影した映像をほぼリアルタイムに確認することが可能になるとしている。