画像提供:マイナビニュース

写真拡大

Microsoftは11月4日(米国時間)、「SQL Server 2019 is now generally available - SQL Server Blog」において、SQL Server 2019の一般公開を開始したと伝えた。Microsoftは発表の中で、SQL Server 2019には次のような特徴があると説明している。

データをデータレイクに保存し、SQLやSparkのクエリーを通じてすべてのデータを操作する機能を提供

データ移動を削減することで抽出、変換、読み込みアプリケーションの必要性を低減

スケーラブルかつパフォーマンス性を備えた安全で統合された機械学習機能を同梱

アプリケーションやクエリー変更の必要性を削減し、パフォーマンスを向上

ハードウェアエンクレーブを利用した機密性が高いコンピューティングの向上

ADR (Advanced Databases Recovery)などの機能によるアプリケーションとデータベースのアップタイムおよび可用性の向上

セキュアな方法でT-SQL言語の能力を拡張

複数のオペレーティングシステムとプラットフォームをサポート

新たな機能を使用しながらもアップグレードを行う場合のリスクを軽減

SQL Server 2019はWindowsプラットフォームのみならず、LinuxやDocker向けのパッケージも提供されている。ビッグデータのクラスタ処理向けにSQL Server 2019 Big Data Clustersのコンテナイメージも存在する。LinuxやIaaSの利用が増えていることなどを受け、こうしたプラットフォームをサポートすることで、SQL Server 2019が利用されるシーンを増やす狙いがあると見られる。