日本の藤田とメキシコの主将ピッスートが競り合う。(C) Getty Images

写真拡大

 U-17ワールドカップの決勝トーナメント1回戦、日本対メキシコが現地時間の11月6日に行なわれ、日本は0対2で敗れた。日本は今大会をベスト16で終えている。

 日本はグループリーグ初戦以来となる、西川潤と若月大和の2トップでスタート。立ち上がりから一進一退の攻防となるが、前半はスコアレスで終了。迎えた後半、日本は57分に、メキシコのピッスートに先制点を奪われ失点。さらに、74分にもカウンターからムニョスに中央の守備が整わないうちに叩き込まれ追加点を許してしまう。

 日本は、ボールを支配し、再三チャンスを迎えたもののメキシコのチャンスを崩せず。0-2でタイムアップとなった。日本は西川と若月にも惜しい場面があったが、一歩及ばなかった。

 0-2で敗れた日本は、2011年大会以来のベスト8進出はならなかった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部