キルギス戦の予想スタメン。吉田、伊東、遠藤らこの試合のみの招集となった選手が主体か。(C)SOCCER DIGEST

写真拡大 (全2枚)

 日本サッカー協会は11月6日、カタール・ワールドカップ・アジア2次予選(4戦目)のキルギス戦(11月14日/ビシュケク)とキリンチャレンジカップのベネズエラ戦(11月19日/大阪)のメンバーを発表した。

 アウェーのキルギス戦と国内のベネズエラ戦で一部の選手を入れ替えるが、まずは約1週間後に控えるキルギス戦のスタメンを予想していきたい。

 以前から森保監督は「柔軟性」や「対応力」を重視していて、3バックシステムを試す可能性はあるものの、2次予選では3試合続けて採用している4−4−2システムが濃厚だ。

 メンバーについてもこれまでと大きく変えるような采配はしないだろう。メンバー発表会見に登壇した森保一監督は「アウェーで行なわれるキルギス戦は、環境も含めて、非常に厳しい戦いになることを覚悟している。我々が最後に勝って終われるように、ワールドカップの2次予選をより、良い形で進められるように、結果を求めながら戦っていければと思っています。この2次予選を全勝で突破したいと、私自身も、選手も、チームとしても考えている」とコメントしている。その言葉から推察すれば、戦力を極端に落とさず、ある程度固い人選で臨むことになりそうだ。
 
 GKのファーストチョイスは1戦目から起用されている権田修一(ポルティモネンセ)で変わらない。ただし、権田は国内のベネズエラ戦にも帯同するため、キルギス戦のみに招集されているシュミット・ダニエル(シント=トロイデン)を、ここで抜擢する可能性も低くはない。

 シュミットと同様にキルギス戦のみに選ばれているメンバーは、最終ラインで言えば、長友佑都(ガラタサライ)、酒井宏樹(マルセイユ)、吉田麻也(サウサンプトン)らで、必然的にこの3人はスタメン候補と言えるだろう。SBでは安西幸輝(ポルティモネンセ)もこの試合のみの招集だが、安定感を考えれば長友と酒井に分があり、出場するとすれば途中からか。
 吉田のパートナーでは、冨安健洋(ボローニャ)が左足太腿裏の肉離れで今回は不在。前節のタジキスタン戦と同じく植田直通(セルクル・ブルージュ)が入りそうだ。

“キルギス戦限定招集”という観点でいくと、中盤で有力なのはボランチの遠藤航(シュツットガルト)、右サイドハーフの伊東純也(ヘンク)。これにコアメンバーの柴崎岳(デポルティボ)、中島翔哉(ポルト)を加えた4枚が、スタメン候補の筆頭となる。
 
 2トップでも鎌田大地(フランクフルト)と南野拓実(レッドブル・ザルツブルク)が挙がってくる。両者はタジキスタン戦でも2トップで先発していて、大きな不安もなく同時起用ができるだろう。

 ただし、調子を重視するなら永井謙佑(FC東京)も外し難い。19日のベネズエラ戦にも帯同するものの、直近の大分とのリーグ戦(30節)でゴールを決めていてコンディションはかなり良さそうだ。モンゴル戦と同様に、永井を最前線に、南野を1.5列目に配置する形もあり得る。

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)
 

キルギス戦メンバー
GK
川島永嗣(ストラスブール/フランス)
権田修一(ポルティモネンセ/ポルトガル)
シュミット・ダニエル(シント=トロイデン/ベルギー)

DF
長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
佐々木翔(サンフレッチェ広島)
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
室屋 成(FC東京)
植田直通(セルクル・ブルージュ/ベルギー)
安西幸輝(ポルティモネンセ/ポルトガル)
畠中槙之輔(横浜F・マリノス)
 
MF
山口 蛍(ヴィッセル神戸)
原口元気(ハノーファー/ドイツ2部)