福岡県田川市の自宅で昨年11月、三男=当時(1)=の全身をエアガンで数十カ所撃って大けがをさせたとして、県警は6日、傷害容疑で父親の自営業常慶雅則(24)、母親の藍(24)両容疑者=いずれも同市伊加利=を逮捕した。

 捜査1課によると、三男はけがの直後に肺炎で死亡しており、同課は虐待死の可能性もあるとみて詳しく調べる。

 両容疑者は「エアガンで撃ったことはありません」などと否認している。

 逮捕容疑は2018年11月下旬ごろ、共謀して三男唯雅ちゃんにライフル型のエアガンでBB弾数十発を発射し、全身に全治約3週間の内出血を負わせた疑い。

 同課によると、同年12月1日、藍容疑者から「三男が息をしていない」と119番通報があり、虐待の疑いが発覚。唯雅ちゃんは病院に搬送されたが、同日死亡が確認された。全身には数十カ所の内出血の痕があり、体重は平均を下回っていたという。

 同課は自宅を家宅捜索し、雅則容疑者の所有とみられる複数のエアガンやBB弾を押収した。任意の取り調べに対し、同容疑者は当初、「長男が三男を撃った」などと自身の関与を否定していた。

 事件当時、雅則容疑者は藍容疑者と長男、三男、長女の5人暮らしだった。唯雅ちゃん以外の子に目立った外傷や異常は確認されておらず、現在は全員児童相談所に保護されているという。