メンバー発表会見に臨んだ森保監督。大迫を選外とした理由を話した。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 日本サッカー協会は11月6日、カタール・ワールドカップ・アジア2次予選のキルギス戦(14日/ビシュケク)とベネズエラ戦(19日/大阪)に臨む日本代表メンバーを発表した。

 しかし、9月に負った左太ももの怪我から復帰したばかりの大迫勇也(ブレーメン)は不在。前回の10月シリーズ(カタール・ワールドカップ・アジア2次予選のモンゴル戦、タジキスタン戦)に続く招集外となった。
 
 直近(11月2日)のリーグ戦では先発出場し、アシストまで決めていたものの、メンバー発表会見に登壇した森保一監督は、「直近の試合映像は確認しましたし、メディカルスタッフがクラブと連絡を取って、状態は把握しています。招集は可能だったかもしれないが、よりコンディションを重視して、調子の良い選手を選んだ」と、現在の調子を重視した選考の意図を語っている。

 前回呼ばれた永井謙佑(FC東京)、鎌田大地(フランクフルト)、浅野拓磨(パルチザン・ベオグラード)が引き続き選出され、鈴木武蔵(札幌)も9月シリーズ以来の復帰。さらに国内でのベネズエラ戦では、オナイウ阿道(大分)が初招集されている。

“ポスト大迫”を巡る争いは、さらに熾烈を極めそうだ。

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)
キルギス戦メンバー
GK
川島永嗣(ストラスブール/フランス)
権田修一(ポルティモネンセ/ポルトガル)
シュミット・ダニエル(シント=トロイデン/ベルギー)

DF
長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
佐々木翔(サンフレッチェ広島)
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
室屋 成(FC東京)
植田直通(セルクル・ブルージュ/ベルギー)
安西幸輝(ポルティモネンセ/ポルトガル)
畠中槙之輔(横浜F・マリノス)
 
MF
山口 蛍(ヴィッセル神戸)
原口元気(ハノーファー/ドイツ2部)
柴崎 岳(デポルティボ・ラ・コルーニャ/スペイン2部)
遠藤 航(シュツットガルト/ドイツ2部)
伊東純也(ヘンク/ベルギー)
橋本拳人(FC東京)
中島翔哉(ポルト/ポルトガル)
浅野拓磨(パルチザン・ベオグラード/セルビア)
南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)
鎌田大地(フランクフルト/ドイツ)

FW
永井謙佑(FC東京)
鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)

ベネズエラ戦メンバー
GK
川島永嗣(ストラスブール/フランス)
権田修一(ポルティモネンセ/ポルトガル)
中村航輔(柏レイソル)

DF
佐々木翔(サンフレッチェ広島)
車屋紳太郎(川崎フロンターレ)
室屋 成(FC東京)
植田直通(セルクル・ブルージュ/ベルギー)
三浦弦太(ガンバ大阪)
畠中槙之輔(横浜F・マリノス)
進藤亮佑(北海道コンサドーレ札幌)
荒木隼人(サンフレッチェ広島)

MF
山口 蛍(セレッソ大阪)
原口元気(ハノーファー/ドイツ2部)
柴崎 岳(デポルティボ・ラ・コルーニャ/スペイン2部)
大島僚太(川崎フロンターレ)
橋本拳人(FC東京)
中島翔哉(ポルト/ポルトガル)
浅野拓磨(パルチザン・ベオグラード/セルビア)
古橋亨梧(ヴィッセル神戸)
井手口陽介(ガンバ大阪)FW
永井謙佑(FC東京)
鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)
オナイウ阿道(大分トリニータ)