新ユニホームを着用した久保建英。 (C)JFA

写真拡大 (全3枚)

 日本サッカー協会と日本代表のサプライヤーであるアディダスは、11月6日、サッカー日本代表の新ユニホームを披露する「サッカー日本代表 2020 ユニフォーム 発表会見」を行なった。

 今回の刷新におけるコンセプトは「日本晴れ。(ニッポンバレ)」。表面は人々が見上げるそれぞれの空を想起させる5色の青がコラージュされたデザイン、裏面は繋がる空をイメージしたスカイブルーのみを配色。背番号とブランドロゴは、側面には赤い3本線と同色でプリントされる。

 デザインは男女共通で、野村一晟氏によるアンビグラム(逆さまにしても同じように読むことのできる文字)使用したサインオフのみが異なる仕様だ。

 日本代表としては初めてのコラージュ柄。「空」というコンセプトに加え、アートとスポーツの融合をテーマに、浮世絵から着想したという。

 開発及びコンセプトを担当したアディダスジャパン株式会社のブランドコミュニケーションズディレクター西脇大樹氏は「大きなコンセプトは、希望の空。来年のスポーツ界にとってのビッグイヤーに、サッカーを通じてポジティブなエネルギーを届けるものであってほしい」と語った。

 発表会に登壇したU-22日本代表の遠藤渓太は「5色のスカイコラージュはかっこいいと思いました。僕自身、プロになってから日産スタジアムで試合に出る度に緊張したり、不安になったりするときは、空を見上げて、『大丈夫、自分はできる』と気持ちを整えるために見上げることはありました」と空への想いを語った。

 発表された新デザインについて、U-22日本代表に選出された久保建英はアディダスを通じて「第一印象からデザインが好きです」と発信。同様にA代表に選出された南野拓実は「非常に印象的で驚きました! デザイン自体がかっこよくて好きです」、なでしこジャパンに選出されている岩渕真奈は「派手で可愛い印象ですね」とコメントしている。

 新ユニホームは、11月10日に南アフリカと対戦するなでしこジャパンを皮切りに、11月14日にアウェーで行なわれるカタール・ワールドカップ二次予選のキルギス戦でA代表戦で順次お披露目される予定だ。

 そして東京五輪世代であるU-22日本代表のお披露目は、17日に広島でコロンビア代表と対戦するキリンチャレンジ杯となる。

取材・文/熊 介子(サッカーダイジェストWeb編集部)