画像提供:マイナビニュース

写真拡大

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)は11月6日、CTCテクノロジーと共同で、UiPathのRPAソフトウェア「UiPath」について、遠隔運用サービスを開始すると発表した。

CTCは、2017年からUiPath製品を取り扱っており、RPAの適用業務の選定や導入効果の試算を行うコンサルティングから、システム構築・運用、既存システムとの連携までトータルなサポートを提供している。

遠隔運用サービスは、これまでの導入や運用支援サービスの提供で蓄積したノウハウをベースに、要望が多かった作業を定型化し遠隔からのサービスとしてメニュー化したもの。

主なサービスメニューは以下の通り。

インシデント管理

ドキュメントの維持管理、修正

画面共有によるテクニカルQAサポート

導入済みロボット及び連携スクリプトの遠隔改修

ロボットやスクリプトの実行

ロボットの正常動作の確認、定期チェック