画像提供:マイナビニュース

写真拡大

Net Applicationsから2019年10月のモバイルブラウザのシェアが発表された。2019年10月はChromeがシェアを増やし、Safariがシェアを減らした。QQ、Android Browser、UC Browser、Baidu、Opera Mini、Firefox、Opera、Yandexもシェアの変動が起こっているが、ChromeやSafariと比較するとシェアそのものが小さく、全体の変動にはそれほど影響を及ぼしていない。