11月17日のU-22コロンビア戦に向けた22人。初招集の堂安などシャドーの序列に動きがあるかもしれない。(C)SOCCER DIGEST

写真拡大 (全2枚)

 来夏の東京五輪に向けたU-22代表は11月5日、キリンチャレンジカップのコロンビア戦(11月17日/エディオンスタジアム広島)に臨むメンバーを発表した。A代表での活動がメインだった堂安律や久保建英らを招集し、森保一監督が「ベストメンバー」と語るスカッドだ。

 気になるのは22人の立ち位置だろう。ここではMFとFWについて最新の序列を検証する。

【ウイングバック(右)】
○橋岡大樹(浦和)
○菅原由勢(AZ/オランダ)

◎=レギュラー候補 ○=有力 △=バックアッパー

 9月の北中米遠征、10月のブラジル遠征でもこのポジションで存在感を示しているのが、橋岡。浦和でも右ウイングバックのレギュラーを務め、成長著しい。一方で今夏にオランダのAZに移籍した菅原も、ブラジル遠征に続き招集されている。このコロンビア戦でインパクトを残したほうが1番手に躍り出そうだ。

【ウイングバック(左)】
○遠藤渓太(横浜)
○菅 大輝(札幌)

◎=レギュラー候補 ○=有力 △=バックアッパー

 湘南で不動のレギュラーを担う杉岡が、今回は未招集のため、レギュラー候補を読みにくい。前回のブラジル遠征を怪我で辞退した遠藤も、翌節から横浜ではリーグ戦復帰し、前節の鳥栖戦では得点も挙げている。一方で、ルヴァンカップ決勝でゴールを決めた菅も自信を深めているに違いない。今回、ひとつの注目ポジションだろう。
 
【ボランチ】
◎中山雄太(ズウォーレ/オランダ)
○田中 碧(川崎)
△田中駿汰(大阪体育大)

◎=レギュラー候補 ○=有力 △=バックアッパー

 このチームのキャプテン中山は、外せない人材だ。先月のブラジル遠征で攻守に渡る大活躍を見せ、U-22ブラジル戦では強烈なミドルシュートを決めてみせた。同じくU-22ブラジル戦で好パフォーマンスを見せたのが、田中碧だ。6月のトゥーロン国際で初選出されてから、どんどん存在感を高めている。ブラジル遠征で負傷した田中駿は、このコロンビア戦で猛アピールが必要だ。また今回はDF登録だが、板倉がこのポジションを務めることも。
 
【シャドー】
◎三好康児(アントワープ/ベルギー)
○久保建英(マジョルカ/スペイン)
○堂安 律(PSV/オランダ)
○食野亮太郎(ハーツ/スコットランド)

◎=レギュラー候補 ○=有力 △=バックアッパー

 今回の最注目ポジション。すでにA代表に選出されている久保と堂安もレギュラー筆頭とは言えない。いずれもU-22代表の招集回数は少なく(久保は3度目、堂安は初招集)、むしろこのチームでの実績を見れば、常に10番を着けて目に見える活躍をしてきた三好のほうが信頼度では上だろう。だからこそ、久保と堂安の今回のコロンビア戦でのパフォーマンスはかなり気になるところだ。またブラジル遠征で初選出され、得点力と推進力を示した食野の引き続きのアピールにも期待したい。
 
【CF】
○上田綺世(鹿島)
○前田大然(マリティモ/ポルトガル)
△小川航基(水戸)

◎=レギュラー候補 ○=有力 △=バックアッパー

 上田と前田が招集されなかったブラジル遠征で不発に終わった小川は、序列をひっくり返すには至っていない。典型的なストライカーの上田と、スピードスターの前田はまったく異なるタイプで、状況によって起用法が変わる。

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)
コロンビア戦に臨むメンバーは以下の通り

【GK】
大迫敬介(サンフレッチェ広島)
谷 晃生(ガンバ大阪)

【DF】
板倉 滉(フローニンヘン/オランダ)
渡辺 剛(FC東京)
岩田智輝(大分トリニータ)
町田浩樹(鹿島アントラーズ)
立田悠悟(清水エスパルス)
原 輝綺(サガン鳥栖)

【MF】
中山雄太(ズヴォレ/オランダ)
三好康児(アントワープ/ベルギー)
田中駿汰(大阪体育大)
遠藤渓太(横浜F・マリノス)
堂安 律(PSV/オランダ)
食野亮太郎(ハーツ/スコットランド)
菅 大輝(北海道コンサドーレ札幌
田中 碧(川崎フロンターレ)
橋岡大樹(浦和レッズ)
菅原由勢(AZアルクマール/オランダ)
久保建英(マジョルカ/スペイン)

【FW】
小川航基(水戸ホーリーホック)
前田大然(マリティモ/ポルトガル)
上田綺世(鹿島アントラーズ)