日本社宅サービス、QUOカードの株主優待を新設し、 配当+優待利回り4.4%! 2020年6月期は記念優待と 合計で2000円分の「QUOカード」がもらえることに!

写真拡大

 日本社宅サービス株式会社が「QUOカード」の株主優待を新設することを、2019年11月5日の15時30分に発表した。

 日本社宅サービスの株主優待は、毎年6月末時点の株主が対象となり、内容は「100株以上を“1年以上”保有する株主に、『QUOカード』1000円分を贈呈」というもの。ただし、初回にあたる2020年6月末の株主優待のみ、継続保有期間が“半年以上”の株主も対象となるので、2019年12月から保有しておけば対象となる。

 日本社宅サービスが株主優待を新設する理由は「株主の皆様に日頃からのご支援に感謝するとともに、当社株式への投資の魅力を高め、より多くの方々に長期にわたり当社株式を保有していただくこと」とのことだ。

 なお、日本社宅サービスは2019年7月20日に、2019年12月末の株主に記念株主優待を実施することも発表している。内容は「100株以上保有する株主に『QUOカード』1000円分を贈呈」というもの。
【※関連記事はこちら!】
⇒日本社宅サービス、記念株主優待の実施と連続増配を発表! 記念優待品は「QUOカード」1000円分で、配当は1株あたり22円⇒26円に!

 つまり、2020年6月期は2019年12月末と2020年6月末の2回、それぞれ1000円分の「QUOカード」がもらえるので、合計2000円分がもらえることになる。

日本社宅サービスの株主優待の詳細と利回り

◆新設された日本社宅サービスの株主優待の詳細
基準日 保有株式数 株主優待内容
6月末 100株以上 QUOカード1000円分
◆日本社宅サービスの記念株主優待の詳細
基準日 保有株式数 株主優待内容
2019年12月末 100株以上 QUOカード1000円分

 日本社宅サービスの2019年11月5日時点の終値は1046円なので、株主優待利回りは以下のようになる(※2019年12月の記念株主優待と、新設された6月の株主優待の両方を受け取ると仮定)。

(100株保有の場合)
 投資金額:100株×1046円=10万4600円
 優待品:QUOカード2000円分
 株主優待利回り=2000円÷10万4600円×100=1.91%

 日本社宅サービスの株主優待は、個人投資家からの注目度が高い「QUOカード」。同社は2019年12月末に「QUOカード」の記念株主優待を実施するため、2019年12月末〜2020年6月末まで継続保有をすると、合計2000円分の「QUOカード」がもらえることになる。日本社宅サービスは配当利回りが2.49%なので、記念株主優待を含めた今期の100株保有時の配当+株主優待利回りは4.4%と高水準になる。
【※関連記事はこちら!】
⇒株主優待名人・桐谷さんがサラリーマンにおすすめの投資法を伝授! 二度の大損を経験して悟った鉄則は「配当+優待利回り4%以上」の優待株を狙うこと!

 日本社宅サービスは、借り上げ社宅の管理代行などを手掛ける企業。2020年6月期の連結業績予想は、すべて前期比で売上高12.3%増、営業利益10.5%増、経常利益9.8%増、当期純利益3.7%増と好調。

【※2019年11月の株主優待の情報はこちら!】
⇒【11月の株主優待の内容&利回りを調査(2019年版)】高利回りで人気のヴィレッジヴァンガードや、「QUOカード」がもらえるタマホームなどお得な優待が充実!

■日本社宅サービス
業種コード市場権利確定月
不動産業8945東証1部6月末
株価(終値)必要株数最低投資金額配当利回り
1046円100株10万4600円2.49%
【日本社宅サービスの最新の株価・株主優待の詳細はこちら!】
※株価などのデータは2019年11月5日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。
※「必要株数」は株主優待の獲得に必要な株数、「最低投資金額」は株主優待の獲得に最低限必要な資金を指します。