画像提供:マイナビニュース

写真拡大

東芝と東芝デジタルソリューションズは11月5日、中心メンバーとして、ユーザーファーストのIoTサービスのオープンな共創を目指す「ifLinkオープンコミュニティ」を2019年度中に設立し、2020年度から具体的な活動を開始することを目指すと発表した。

同コミュニティは、「ユーザーがモジュールを自由に組み合わせて自ら価値をつくれる世界」と「参加企業のビジネスチャンスが拡がる世界」の実現をビジョンに、業界の垣根を超えてさまざまな企業がオープンに参加してもらうことを予定している。

ifLinkとは、TDSLが自社で開発したIoTプラットフォームで、」「ドアが開いたら(IF)、ライトが光る(THEN)」のように、IF-THEN型の設定で、スマートフォンにつながる機器同士を自在に動作できる。

ifLinkオープンコミュニティでは、ifLinkを活用し、ユーザーと会員が便利な使い方やアイデアの創出をユーザー起点で発想する「共創コミュニティ」や、会員同士がさまざまなIoT機器・デバイスやWebサービス・アプリケーションなどを相互連携して、つながるモジュールを増やし、迅速に試作を開発する「開発コミュニティ」などの活動を予定している。

アルプスアルパイン、京セラ、クレスコ、Global Mobility Service、KDDI、ソフトバンク、ソラコム、デンソー、東京ガスが同コミュニティのコンセプトに賛同を表明しているという。