きのう4日(2019年11月)午後2時40分ごろ、岐阜県白川村の世界遺産「白川郷」から500メートルの小屋から出火、2棟が全焼した。年間170万人の観光客が訪れる合掌造りの集落は一時騒然となった。

現場近くにはたまたまJNN(ジャパン・ニュース・ネットワーク)系のCBCテレビ(名古屋)の中継車がいた。夕方のニュースで流す紅葉中継のリハーサル中だったが中止して、CBCは午後の番組で火事を実況中継した。

放水銃59基すべてを使って延焼を防いだ

燃え上がる炎や立ち上る黒煙が映像に生々しくとらえられた。火事を間近で目撃した三浦優奈キャスターは「白い煙が10分ほどで黒煙に変わりました。赤い炎が恐怖でした」という。

火事は1時間ほどで消し止められ、けが人はなかった。合掌造り家屋114棟は、世界遺産の地域内に備えられた放水銃59基すべてを使って延焼を防ぎ、無事だった。白川郷では毎年、住民や消防団が放水銃の消火訓練を実施しており、白川村総務課は「火の粉が屋根につくと大火災になるところだった」と活動の成果を強調する。

先月10月31日には沖縄県で首里城が全焼したばかり。

キャスターの立川志らく「白川村の一報を聞いた時はまたかと思った。消火訓練が行き届いていたみたいですね」

司会の国山ハセン「文化財の防火対策は今後の課題です」