画像提供:マイナビニュース

写真拡大

Net Applicationsから2019年10月のデスクトップ検索エンジンのシェアが発表された。2019年10月はGoogleとBaidu、Yandexがシェアを増やし、BingとYahoo!がシェアを減らした。

デスクトップにおける検索エンジンのシェアは2018年4月に大きな変動が見られたが、それ以降は比較的シェアの推移は横場の傾向を示している。Googleは常に75%前後のシェアを確保しており、デスクトップ向けの検索エンジンとして強い影響力を持っている。