NHK・BSプレミアムのリバイバルドラマ『Wの悲劇』(11月23日放送)強い絆で結ばれた母と娘を守るために殺人事件の隠ぺい工作を始める和辻家の面々ら主なキャストがそろったメインビジュアル(C)NHK

写真拡大

 夏樹静子氏の傑作ミステリー小説を、新たなキャストで現代によみがえらせたリバイバルドラマ『Wの悲劇』が23日(後9:00〜10:29)、NHK・BSプレミアムで放送される。本作では主人公・摩子役に土屋太鳳、摩子の母親役に中山美穂をキャスティング。主人公の義父・和辻道彦役で出演する岡本健一が、本作の見どころを語った。

【写真】元祖は薬師丸ひろ子主演の角川映画

 「『Wの悲劇』 はこれまでに何度も映像化されていますが、その理由は原作者の夏樹静子さんが描く時代を超えた物語性や登場人物達の面白さにあると思います。聞いた話では今回の『Wの悲劇』が原作に一番近いようです」と、明かす。

 本作は、和辻家別荘で開かれたパーティーで、和辻摩子(土屋)が大伯父の与兵衛(大和田伸也)を刺し殺すという事件が起こり、摩子の母・淑枝(中山)に頼み込まれた一族が、強盗殺人に見せかけた隠ぺい工作を始めるサスペンス。招待客だった摩子の先輩・春生(美村里江)もその片棒を担ぐことになってしまう。

 物語の根底に流れる魅力について「タイトルにある“W”とは、女性(であること)や裏と表、損得、善悪、生と死など人間の持つ二面性を意味している気がします。このドラマの登場人物はどうしようもない欲望を自分の中に隠し持ちながら生きていて、真実と偽りという二つの世界を行き来しながら他者に何かを伝えようと必死です。この令和元年にお届けする『Wの悲劇 』 には、存在感があり、芝居好きで演技力抜群の女優陣、男優陣が集結しています。家族の絆、人間の愚かさ、欲望、それぞれが求める幸せのかたちは、何処に向かって行くのか。テレビの前で探して下さい!」と語っている。