グループリーグ第2戦までを終え、すでに勝ち点4を手にしていた日本は、最後の第3戦を前にグループリーグ突破が決まっていた(他のグループの結果により、もし日本が第3戦に敗れてグループ3位になったとしても、3位チームのなかの成績上位4チームに入ることが確定していたため)。


途中出場のセネガル戦で、決勝ゴールを決めた西川潤

 つまり、順位にさえこだわらなければ、第3戦は勝敗を度外視できる、いわば消化試合だった。

 それでも、U−17日本代表を率いる森山佳郎監督は試合前、選手たちにはっきりと伝えた。

「100%勝ちに行くぞ」

 そして、選手たちは気持ちの入ったプレーを90分間続け、その檄に応えた。

 U−17ワールドカップのグループリーグ第3戦、日本はセネガルに1−0で勝利した。この結果、2勝1分けで勝ち点7とした日本は、2勝1敗で勝ち点6のセネガルを上回った。すなわち、日本はグループDを堂々の首位通過である。

「自分個人も何回か相手にウラを取られてピンチになった。2、3人でカバーしないと、1対1になってしまえば一発でかわされる。個の能力では相手が上だった」

 第2戦までのセンターバックから、この試合では右サイドバックへと回った、キャプテンのDF半田陸がそう語ったように、日本は何度となくセネガルのスピードに圧倒される場面にさらされた。セネガルは、過去2戦では立ち上がりの出来が悪く、いずれも先に失点を許していたが、この試合では、試合序盤からスピードある攻撃を繰り出し、何度も日本陣内に攻め入った。

 しかも、日本は前半早々、ボール奪取能力に優れたボランチのMF田中聡が、ヘディングの競り合いで頭を強打。ピッチサイドで治療を受け、一度は試合に戻ったものの、結局は交代となり、序盤で守備のキーマンを失うことになった。前半の半ばすぎから、ようやくパスをつなげるようになった日本だったが、前半のラスト15分ほどは、セネガルの連続攻撃を浴び続けた。半田が振り返る。

「セネガルは前線(の選手)の足が速いので、(日本の)DFラインが下がったが、FWはそのままの位置にいたため、(全体が間延びして)ボールの出どころにプレッシャーがかからなかった。(サイドにはスピードある選手がいたので)サイドハーフも絞るに絞れず、間にパスを通されてしまった」

 セネガルのスピードに乗った攻撃の前に、もはや日本のディフェンスは決壊寸前。ゴールを許すのは時間の問題かに思われた。

 しかし、日本は鈴木海音、村上陽介の両センターバックを中心に、体を投げ出すようにしてセネガルのシュートをブロック。どうにか猛攻をしのぎ、前半を0−0で乗り切った。

 すると、ハーフタイムを挟み、次第に試合の流れが日本へと傾き始める。潮目が決定的に変わったのは65分、FW西川潤の投入がきっかけだった。

 技術に優れる西川は、周囲と連係しながらボールを前へと運び、自らもフィニッシュに絡むことができる。巧みに左足を操るレフティーは、出場から10分足らずで、立て続けに2度の決定機を作り出した。

 そうして迎えた83分、”その瞬間”はやってきた。

 MF藤田譲瑠チマからの縦パスを受けた西川は、ドリブルでペナルティーエリアに進入。冷静にGKの動きを見極め、左足を振り抜いた。ボールは芝の上を滑るようにゴールへ向かうと、GKの右足とゴールポストのわずかな隙間をすり抜け、ゴールネットを軽やかに揺らした。殊勲の背番号10が語る。

「トラップがうまくいって、(前を向いたら)GKが出てこなかったので、ニアを狙って蹴った。チームの勝利に貢献したいと思っていたので、決められてよかった」

 実は試合前、西川は森山監督から「後半開始から行くと言われていた」という。

 ところが、田中が前半で負傷交代したことで、「プランが狂った」(森山監督)。グループリーグ初戦では、3人の交代カードを使い切ったあとに、複数の選手の足がつってしまうという事態を招いたこともあり、本来は思い切りのいい指揮官も、さすがに西川投入をためらわざるを得なくなった。

 だが、スコアレスのまま動かない試合を見て、森山監督は腹をくくった。

 もちろん、送り出された西川も、セネガルの猛攻に耐えるチームメイトの姿を目にし、期するものがあった。

「前半からみんなハードワークしていたので、絶対にチャンスがあるなと思っていた。決められる自信はあった。思いどおりになった」

 初戦から優れたテクニックとアイディアを披露し、スタンドの観衆はもちろん、ヨーロッパからやってきたエージェントやクラブのスカウトをも魅了している西川は、もはやこの大会の顔になりつつある。この試合でも、西川が交代出場のためにベンチからピッチへ向かうと、スタンドからは大きな歓声があがった。西川のプレーには、目の肥えたブラジルのサッカーファンでさえも引きつけるだけの力がある。

 森山監督曰く、「ここまで疲れを引きずりながら、だましだましやってきたが、状態はかなりよくなってきている」という西川。コンディションが上がっていけば、これから先、”西川株”がさらに高値をつける可能性は十分にある。

 とはいえ、この試合の最大の勝因を挙げるなら、セネガルの猛攻に耐え、無失点に抑えた粘り強い守備に尽きるだろう。森山監督もこう称える。

「(セネガルの攻撃は)体験したことのないレベルのスピード、推進力、迫力だったが、止められないような攻撃を何度も止めてくれた。最後まで(集中力を)切らさず、チャレンジしてくれた」

 今大会初出場となった村上も、相手の高速カウンターには「(対応するのが)厳しいところはあった」と正直に認めつつも、「やっていて徐々に慣れていった。対人のところでは体を張れた」と胸を張った。

 グループDは、ヨーロッパチャンピオンのオランダを筆頭に強豪がそろい、日本の苦戦は必至かと思われた。順位はともかく、グルーリーグを突破できれば御の字。グルーリーグ敗退も十分ありえる。客観的に見て、それが妥当な予想だったはず。

 ところが、終わってみれば、日本は見事に首位通過。第3戦では主力を温存する余裕まで見せ、先発メンバーを大きく入れ替えながら、チーム一体となって粘り強く戦い、最後には勝利をつかみ取った。オランダ戦での完勝に始まり、率直に言って、うれしい誤算の連続である。

 日本の決勝トーナメント1回戦の相手はメキシコ。「とにかく強い相手とやりたい」と常々話している森山監督にしてみれば、願ってもない相手だろう。

 日本は目標のベスト4進出へ、まずは第一関門突破。勢いに乗るチームは、最高の雰囲気で次なる関門へと向かう。