“天皇謝罪要求”韓国議長が来日 河村幹事長と会談

写真拡大

 慰安婦問題で天皇陛下の謝罪を求める発言をした韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が来日し、日韓議連の河村幹事長と会談しました。

 3日夜、羽田空港に到着した文議長は、4日に東京で開かれる「G20国会議長会議」に出席します。ホスト役の山東参議院議長に書簡で会談を求めていましたが、「発言の撤回と謝罪がない」と拒否されています。文議長は到着後、宿泊先のホテルで2時間以上にわたって日韓議連の河村幹事長と会談しました。元徴用工判決を巡る問題などについて「国会が動いて韓国政府がお金を出せる法案を作り、大統領を動かすしかない」と述べたということです。また、差し押さえられた日本企業の資産売却について「現金化までいってしまったら後戻りできない」と述べ、その前に解決すべきとの考えを強調したということです。