【新馬/東京4R】サトノフウジンが圧倒的人気に応えてV!出遅れから一転ごぼう抜き

写真拡大

 3日、東京競馬場で行われた4R・2歳新馬戦(芝1600m)で1番人気、石橋脩騎乗、サトノフウジン(牡2・美浦・堀宣行)が快勝した。クビ差の2着に2番人気のオシリスブレイン(牡2・美浦・田村康仁)、3着にダノンファスト(牡2・美浦・菊沢隆徳)が入った。勝ちタイムは1:35.6(良)。

兄弟にギベオン サトノルーラー

 サトノフウジンはスタートでダッシュがつかず最後方からのレースを余儀なくされるも、直線で圧巻の走りを見せた。勝負どころでも後方2番手からスパートを開始すると、ラスト1ハロンから怒涛の追い込みでゴール前で各馬を飲み込んだ。

サトノフウジン 1戦1勝
(牡2・美浦・堀宣行)
父:ディープインパクト
母:コンテスティッド
母父:Ghostzapper
馬主:サトミホースカンパニー
生産者:社台ファーム