秋も深まり朝晩、肌寒くなってきました。気温や気候の変化でストレスが増えるので、免疫力が落ちやすく、疲れや肌のくすみなど“老化”を感じやすいのが、この時期です。

[商業界オンラインの今日の記事(トップページ)へ]

大根は「体のコゲ=糖化」に働き、老化予防に

 

 老化予防には大根がお勧め。老化を促進させる「体の焦げ=糖化」の予防にも働いてくれるうれしい野菜なんです。

 糖化の原因は唐揚げやカツ、焼き鳥、ハンバーグ、焼肉など茶色い「焦げ」にあります。よく食べる肉料理にこそ、大根パワーを活用し、体の糖化を予防しましょう。

大根のここがすごい!糖化(コゲ)を防ぐ3つの成分

イソチアシアネート:アブラナ科野菜に多く含まれている辛味成分で、強い殺菌作用があります。あらゆる毒素を無毒化、ガン予防に働くほどのパワーがあり、免疫力賦活に働きます。

ジアスターゼ:消化酵素でデンプンの分解酵素。水を加えるとタンパク質を分解して消化酵素を助け、胃腸の働きを促す作用があり。解毒効果も促進させます。

オキシターゼ:消化酵素。焼き魚やステーキ、唐揚げなどの糖化物質AGEsを無毒化する働きあり。

大根がパワーアップする効果的な調理法

 大根のイソチアシアネートの効果的な食べ方は「すりおろす・刻む」こと。熱に弱いので、生食がベストです! お薦めは「大根おろし」。焼き魚の焦げも「大根おろし」が無毒化してくれます。でも、たまに食べる焼魚だけではもったいない!

唐揚げに!ハンバーグに!“大根おろし”プラス!

 

 揚げ物は高温で調理するので、茶色い衣にはどうしてもAGE糖化物質を含みます。そこで、大根おろしソースをプラスして食べましょう。加熱し過ぎはイソチアシアネートが減少しますが、さっと煮ならOK。ランチで人気のハンバーグやステーキ、焼肉にも「大根おろし」をプラスしましょう!

 代謝がアップし、エネルギーに変えるのでダイエット中に肉料理が食べたいときの強い味方。カリウムを含むので塩分も排出します。デミグラスソースなどこってりしたソースよりも糖質を抑えられます。

食べ過ぎ予防に「シャキシャキ大根サラダ」プラス!

 

 コンビニやスーパーマーケットでも手に入れやすい大根サラダ。肉料理にも相性抜群なので、唐揚げ、トンカツ、焼き鳥などとセットでどうぞ!

 大根は刻むことでイソチアシアネートが増加。それをよく噛むことで副交感神経を優位にし、食べ過ぎ予防に。しかも、「先に食べること」でその効果がアップします。

 カイワレ大根のサラダもお薦め。イソチアシアネートの他、ビタミンBやCなど代謝アップの栄養素も含まれ、強い殺菌効果があり。風邪予防対策にもぴったりです!

家庭で作るときは大根の葉も一緒にオイルと一緒!

 

 葉付きの大根を購入できたら、ぜひ、葉も食べましょう。抗酸化ビタミンA、C、Eが全てそろった大根の葉。ビタミンEは血流改善効果が高く、大根と一緒に食べると効果が倍増、油と一緒に摂取すると吸収効率もアップします。刻んで豚肉や鶏肉と炒めたり、チャーハンに入れましょう。

 いかがでしたか? 大根はこれからが甘くおいしくなる季節。おろしてサラダで、幅広くお使いください!