ラグビーW杯、イングランドは準優勝 試合の敗因は立ち上がりの悪さ

ざっくり言うと

  • 2日のラグビーW杯決勝で、イングランドは南アフリカに12−32で敗れた
  • 主将のファレルは20点差で屈した試合の敗因に立ち上がりの悪さを指摘
  • 「前半の内容は残念だったと言えるだろう」と涙をこらえながら話した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x