鹿児島県の薩摩硫黄島で6年ぶりに噴火「煙がいつもより黒っぽい」

ざっくり言うと

  • 2日夕方、鹿児島県の薩摩硫黄島で6年ぶりに噴火が発生した
  • 硫黄島地区長は「煙がいつもよりちょっと黒っぽい」と話した
  • 気象庁は火口から約1kmの範囲では噴石などに注意するよう呼び掛けている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x