画像提供:マイナビニュース

写真拡大

Q-Successから2019年11月のWebサイト向けLinuxディストリビューションのシェアが発表された。2019年11月はUbuntuとCentOSがシェアを増やし、DebianとRed Hat Enterprise Linuxがシェアを減らした。

わずかな変化ではあるが、Debian、CentOS、Red Hat Enterprise Linuxはこの1年間でシェアを減らす傾向を続けている。Ubuntuは増加から減少に転じていたものの、11月は微増している。今後どのように推移するか今後の動向が注目される。

Q-Successは、上位1000万のWebサイト(2013年6月までの上位100万)を調査対象としており、Alexaによって提供されたWebサイトの人気ランキングの3カ月の平均順位を用いている。