ロンドンブーツ1号2号・田村亮

写真拡大

 吉本興業の闇営業問題において、焦点は謹慎を続けている中心的人物であった雨上がり決死隊の宮迫博之、そしてロンドンブーツ1号2号の田村亮の復帰タイミングに集まっている。宮迫の場合、明石家さんまが後見人的な立場で、自身の個人事務所への所属可能性や、スタッフを交えた「囲む会」の開催、YouTuberデビュー説などが報じられている。一方で、ロンブー亮は沈黙を守ったままである。その分、あの番組の出演に期待がかかる。

 年末の特番である『クイズ☆正解は一年後』(TBS系)である。この番組は『水曜日のダウンタウン』(同)の藤井健太郎氏が手がけており、騒動発覚後の7月20日のツイッターで「どうなるか分からないけど、今のところ出演者に名前載ってます。ちょっとした罰用意して待ってます!!」とツイートし、番組への登場を示唆した。この時点で、放送は5か月先となるため、その頃には芸能活動へ復帰しているだろうというのが大半の見方であった。だが、事態は思ったよりこじれているとも言えそうだ。

 「『クイズ☆正解は一年後』は、1月に収録した内容を12月末の生放送で答え合わせをするバラエティ番組です。生放送で行われるため、直前まで亮の復帰へ向けて交渉が続けられているのではないでしょうか。ただ、タピオカ店への恫喝DM騒動で渦中の人となってしまった木下優樹菜の夫であるFUJIWARAのフジモンこと藤本敏史のほか、闇営業問題で謹慎していたレイザーラモンHGの相方であるRGも出演者に名前を連ねています。この番組は深夜番組ながら、TBS以外にもネットされるもの。当然スポンサーやキー局との兼ね合いもあります。このメンバーの出演が果たしてスムーズに実現するのかは気になるところですね」(芸能関係者)

 10月には、闇営業芸人の復帰の場としても取り沙汰された『オールスター後夜祭』(TBS系)の放送もなされなかった。『世界陸上ドーハ』の中継のためとされるが、タイミング的にさまざまな憶測も呼んだ。年末の『クイズ☆正解は一年後』はロンブー亮の復帰の場となるのか、引き続き注目を集めそうだ。