『愛を乞うひと』、『必死剣鳥刺し』などで知られる平山秀幸監督の最新映画『閉鎖病棟―それぞれの朝―』は主演・笑福亭鶴瓶、共演に綾野剛、小松菜奈という各世代の実力派俳優が集結、渾身の演技を見せている。彼らと劇中で行動を共にし、物語に大きく絡んでくる丸井昭八役を担当したのが、2017年にデビュー以降、着実に俳優として邁進している新鋭の俳優・坂東龍汰だ。

帚木蓬生によるベストセラー小説を平山監督がほれ込み映画化した『閉鎖病棟―それぞれの朝―』は、長野県のとある精神科病院で生きる患者たちを描いた物語。院内には、死刑罪となりながらも、死刑執行が失敗し生き永らえた梶木秀丸(笑福亭)、サラリーマンだったが幻聴によって暴れ出すようになったチュウさん(綾野)、DVが原因で入院する女子高生・由紀(小松)、チュウさんを常に慕いながらも話すのが不自由で、いつもカメラを肌身離さない丸井昭八(坂東)たちがいた。明るく生きようとしていた彼らだが、そんな日常を一変させる殺人事件が院内で起こる。

映画出演は『EVEN〜君に贈る歌〜』、『十二人の死にたい子どもたち』に続き3本目。ベテラン勢に引けを取らず『閉鎖病棟』の世界に溶け込み、心に残る演技を披露した坂東は、平山組での経験について、俳優という職業について目を輝かせながら話してくれた。

『閉鎖病棟―それぞれの朝―』小松菜奈に監督・平山秀幸「天使みたいだから、やめてくれる?」【インタビュー】

――丸井昭八という役を見事に演じられていて、見入ってしまいました。準備はどのようにしていきましたか?

坂東 今回の役は今まで演じさせていただいた役の中でも異色と言いますか、まず言葉がしゃべれない、セリフがないんです。けれども、ストーリーの中でキーになるポジションなので、いろいろと考えました。最初、原作を読んだときはめちゃくちゃ泣きましたが、その後、映画の台本を読んだときは、「今までの自分の知識を駆使して、どうやって演じることができるのかな?」と不安にもなりました。昭八くんの(架空の)カルテをいただいたり、映像資料を拝見したりして、少しずつヒントを得ていきました。中でも、病棟を見学させていただいたのは大きかったです。僕と同じ年で、少しコミュニケーションを取るのが難しい方がいらしたので、平山監督から「彼の症状と昭八ちゃんは似ているところがあるし、年も近いので、しっかり見学させてもらって取り入れてほしい」と言われました。そのほかで言うと、映画も観ました。

――平山監督から勧められたんですか?

坂東 いえ、僕が観ようと思ったんです。『カッコーの巣の上で』、『ギルバート・グレイプ』の2本はもともと好きな映画だったんですけど、こうした題材を扱っているので、もう1回観てみようかな、と。どこか昭八くんと近いものを感じたのが『ギルバート・グレイプ』のレオナルド(・ディカプリオ)の役で。自分が探し求めていたお芝居と出会った気がして、少し取り入れてもいいのかなと思い監督に聞いたら、「坂東くんの中で結びついたなら、やってみてもらってもいいかな」と受け入れてくださって。リハーサルのときにやったら「いいかもしれないね!」という話になりました。

――頭の中で描いて、実際演じるとなると難しかったりというギャップはなかったですか?

坂東 難しかったです……! 最初、まったくわからなかったです。インする前までは不安でした。気づいたら普段歩いているときとか、電車に乗っているときとかに、見え方が変わったりしていました。これまでは障がいを抱えている方をなるべくじろじろ見ないようにしていたんですけど、寄り添いたいと思ったり、「こういう障がいなので、こういう動きをするんだな」と見て気づくようなところがあって、日常生活では常にセンサーを張っていました。影響を受けた後は、その人の歩き方、指の動き、一点を見つめ続けない目線、言葉にならない言葉を発していた、みたいなことをやってしまうことが、インする前までは結構ありました。

――迎えた初日は?

坂東 撮影初日はとにかく緊張していました。自分と皆さんのお芝居がなじまなくてもいいとは思うんですけど、変に浮きすぎたり、やりすぎたり、やらなさすぎたりという部分を心配していました。でも、初日に皆さんのお芝居を見て、感じて、いろいろなことを言っていただいて、一気に「今まで用意してきたものは間違っていなかったんだな」と安心に変わりました。

――インしてからは迷うことなくいられた、ということですね。

坂東 本当に、そうですね。インしてから心配はまったくなくなりました。普段は全然違って、ずっと「合っているかな? 間違っているかな?」と考えて、監督にもすぐ聞きにいっちゃうんです。けど、『閉鎖病棟』では1回も監督に聞きにいくことなく、お芝居の動きなどはほぼ何も言われませんでした。映画は監督のものですし、監督も「僕を信じてくれ」ということだったので、信じてのびのびとお芝居をさせてもらいました。

――一番ご一緒のシーンが多かったチュウさん役の綾野さんとは、初共演でしたか?

坂東 はい。剛さんとは初日から一緒で、初対面も初日のシーンだったんです。チュウさんと昭八くんは11年間ずっと同じ病棟にいて、関係性ができている役柄だったので、最初ガーッと剛さんが来てくださって、ワシャーッと頭を触ってくれたんです。もし遠い感じだったら、ずっとドキドキしっぱなしだったと思うんですけど、剛さんのおかげで僕もすぐ心を開いていけました。剛さんには、本当に導いてもらったと思っています。役に対してのアドバイスみたいなものも1日目にしてくださったんですけど、以降は「ついてくればいいよ」という感じでいてくださって。

――役者としてのスタンスなどでハッとしたこともありましたか?

坂東 剛さんは常に現場をリードしてくださる方なので、スタッフさんへの気遣いだったり、役者さんへの気遣いが、とにかくものすごいんです。「どこに目、ついているんだ!?」と、100個くらい目があるんじゃないかと思うくらい(笑)。あるとき、僕の目がちょっとかゆくなってしまったときがあって、気づいた剛さんがすぐに電話をして「こういう症状なんですけど、どの薬がいいですか?」と聞いて、すぐに薬を持ってきてくださったりして。剛さんもですけど、鶴瓶さんも、こまっちゃんも、ほかの皆さんも本当にすごく優しくて、フレンドリーに接してくれました。

――本作は、実際の専門医療施設の協力を得て、ロケが行われたと聞いています。本物の施設を借りての撮影は、演技にいい影響がありましたか?

坂東 そこでの皆さんの生活がくり抜かれているというか、そこにあるものの空気が流れている映画だと思うので、その空気感は撮影中ずっと続いていました。「ここから抜け出したくない」というか、みんなでずっといることが心地よくて、ここでお芝居ができていることがすごく幸せで……。なんか、魔法にかかったような1か月でした。僕だけでなくて皆さんも言っていて。

――それを思ってか、平山監督は「どんなお芝居をしてもいい。ちゃんと返っておいで」と皆さんに言っていたそうですね。

坂東 (深く頷く)。撮影中、何回も言われました。駒木根(隆介)さんたちと飲みに行ったときに、たまたま監督もそこにいらして「混ざっていい?」と来てくれたんです。「みんなで飲みましょう!」と飲んでいたとき、監督が「みんな、こんなに入っちゃって本当に出てこれる? 心配だよ」と言ったら、駒木根さんも「心地よくて……終わりたくないですね」とお話していたので「みんなも同じ気持ちなんだな」と思っていました。……だからなのか、僕はまだ自分の片隅に(昭八が)いる気がします。それだけ「役作りで作ってきました」という役というよりは、自分と昭八くんが友達になったような感じで、もうひとりの自分が作られたような感じがしたんです。撮影に入って、その役をどうしていくよりも、昭八くんが隣にいて、一緒に歩いて仲良くなりたい、という特別な役な気がして。自分が寄せていくというよりも、お互いに寄っていく感じでした。

――昭八を演じたこと、この作品に出たことは大きな経験として、坂東さんに刻まれている感じですね。

坂東 本当に、そうですね。昭八の後にやった役ではまだそういう感覚に陥らないので、この役だけでした。本当に参加できてよかったと思います。

――この先、もっともっと活躍されていく俳優さんだと思いますが、20代での展望や「こうなりたい」という野望があれば、教えてもらえますか?

坂東 映画が好きなので、映画でちゃんとお芝居ができる役者さんになっていきたいとは、ずっと思っています。もちろんドラマやほかの映像も好きですけど、特に映画の作り方が好きなので、そこでお芝居をしていきたいし、まずは自分が成長していきたいです。あとは、ほかの方からの評価というか、わかりやすく言えば賞をいただけるであったり、「カンヌ国際映画祭」に出品する作品に出るとか、夢は大きく持っています! 20代の後半までには、「夢はカンヌ」です!(取材・文=赤山恭子、撮影=映美)

映画『閉鎖病棟―それぞれの朝―』は、2019年11月1日(金)より全国公開中。

出演:笑福亭鶴瓶、綾野剛、小松菜奈
   坂東龍汰、高橋和也、木野花、渋川清彦、小林聡美
監督・脚本:平山秀幸
原作:帚木蓬生「閉鎖病棟」(新潮文庫)
公式サイト:heisabyoto.com/index.html
(C)2019「閉鎖病棟」製作委員会(C)1994 Hahakigi Hosei / Shinchosha