「気候変動ストライキで語られた、若者たちが「地球」のために古着を選ぶ19の理由」の写真・リンク付きの記事はこちら

「We strike for you! We strike for us!(あなたのために、わたしたちのために、ストライキする)」──。さる2019年9月20日の金曜日、気候変動ストライキを支持する数千人の抗議者たちが世界中の都市に集まり、こう連呼した。

気候変動への対策を求めるために、18年8月から毎週金曜日に登校を拒否し始めた16歳の環境活動家グレタ・トゥーンベリ(最近はヨットで大西洋を横断した)。彼女の意志を継いで、親世代から赤ちゃん、教師や生徒まで、あらゆる年齢層の人々がロウアー・マンハッタンに集まり、クライメート・ジャスティス(気候の公平性)を求めて声を上げたのだ。

色とりどりのプラカード携えた若者のなかには、顔にペイントをする者もいれば、この日のためにお気に入りの古着を身につけている者たちもいた。最近、ヴィンテージやセカンドハンドの洋服が人気を集めているが、それには理由がある。古着はクールに見えるだけでなく(結局は90年代ファッションのカムバックでもある)、若者たちは自らの買い物の習慣が与える地球への影響を気にしているからだ。

実際、thredUPが2019年に実施した調査によると、ミレニアル世代とGenZは、ほかのどの年齢層よりも2.5倍多く古着を取り入れている。1枚のTシャツをつくるために2,700リットルもの水が必要であることを考えれば、消費者としての意識はますます重要になってきているのだ。

ロウアー・マンハッタンで実施されたデモに参加した21人の若者たちに、デモに参加するときのファッションのポイントについて、そして地球を救うことを考えたときに古着を着ることの意味や必要性について訊いた。

「クラスメートと一緒に来ていて、先生がわたしたちにこのベストを着せています。ベストの下に着ているものは、すべてノースカロライナで見つけた古着です。ファストファッションは環境に恐ろしい影響を与えるものなので、古着だけを着てデモに参加することはとても重要だと思います。

ベストからは環境がこれからどれだけ危険な場所になるのかについて、マスクからは排出される二酸化炭素ついて考えさせられます。マスクをするのはこれが初めてですが、マスクはあらゆる行動を制限してしまいます。大気汚染のためにマスクが日々の必需品と考える人もいますが、これをずっと着けていたらまったく違う生活になってしまうと思います」"> 「このパンツは母がわたしにくれたものです。わたしのスタイルは母が与えてくれたものだと思っているので、母の服はたくさん着ています。新しいものは買わないようにしています。リサイクルがとても大切だと思っているので、買うもののほとんどはユーズドです。お金を無駄にしたり、大きな会社に貢献したりする必要がないことに気づいて、とてもいい気分です」"> 「手に持っているサインを目立たせたかったので、服の色はニュートラルなものにしました。着ているのは、ディッキーズのパンツ、ブランディ・メルヴィル(Brandy Melville)のトップスに、Depopで買ったナイキのスニーカー。主にスリフトショップやDepopで買い物をしています」"> 「パンツは古着で、50セントで買いました。わたしはモノを捨てるのではなく、アップサイクリングを始めていくことがとても大切だと思っています。地球温暖化を進めないためにも、あらゆるものを最大限に活用しなければなりません。このストライキは科学を認めないということではないので、NASAのシンボルが描かれたクロップトップを着て、科学とNASAを支援しています」"> 「(首から下げている)蝶の羽以外は、すべて古着で探しました。もうこれ以上ファストファッション企業をサポートしたくないので、古着を買っています。ファッションが好きで、かわいく見えることも大好きですが、ファッション企業が発展途上国の環境や家族たちを傷つけ、適切な仕事を与えていないという事実は好きではありません。

救世軍(サルベーション・アーミー)[編注:英国発祥の慈善団体。ショップでは寄付された物品が安価で売られている]が家の近くにあって、従業員ともとても親しいので、彼らも含めて支援しています。古着を探して買うことは、ファッションへの情熱だけでなく、地域社会に貢献するという意味でも重要です」"> 「古着が、特にわたしに呼びかけているようなものを探し出すのが大好きです。全国の街にあるようなスリフトショップがもっと増えればいいなと思います。よく行くのは、バッファローエクスチェンジというお店。そこでは、服を売ると店舗で使えるクレジットがもらえるのですが、これはサステナブルな素晴らしい方法だと思います。誰かのいらなくなった服が、わたしの最高の宝物になるかもしれないからです。

プライドソックスを履いているのは、レズビアンとしてのアイデンティティをもっと大切にしようとしているからです。VSCO girlみたいに、というか、ゲイのVSCO girlになりたいんです」"> 「古着を買うほうが環境にいいと思います。それに値段も安いし、より楽しくもあります。母がよく委託販売店で買い物をしていたのは、ラッキーでした。おかげで、他人の服を着るのが気持ち悪いとは思わなかったので。大学に入ってからは、古着を買うのにもっと夢中になりました。買い物は大好きですが、ゴミを出したくはないし、お金をたくさん使いたいわけでもありません。それに、(古着を買うことで)より多くのものを手に入れられるし、誰ももっていないものを見つけることもできるんですよ」"> 「マスマーケット向けのブランドがどんどん倒産し続けています。サステナブルに買い物をするというのは、間違いなく進むべき道です。もっとスリフトショップに行くべきだし、できれば自分で服をつくるべきだとも思います。大量生産のブランドからではなく、環境に優しいブランドから服を買わなければなりません」"> 「サステナブルであるために、できるだけたくさん古着を着るようにしています。いま着ているものは、パンツと靴以外はすべて古着です。捨てられてしまう服がたくさんあります。多くのエネルギーや水が費やされる新しい服の代わりに、ゴミになろうとしている、まだ着られる服がたくさんあるんです」"> 「わたしはファッションを通して自分を表現することが好きです。頭の先からつま先までカラフルにして、目立ちたいと思いました。服を再利用したり、リメイクしたり、アクセサリーをDIYしたりすることが多いです。ファストファッションには本当に反対なので、サポートしないようにしています」"> 「今日着ているものは、チョーカー以外すべて古着です。わたしは古着が大好きです。この街ではすべてが整理されているので難しいですが、古着を着ることはよりサステナブルだと思います。ファストファッションを買うのをやめようとしているので、中古品を買うか、オンラインでヴィンテージを購入するだけにしています。ファッションは世界で最もゴミを生み出しているもののひとつです。わたしはファッションスクールに通っているので、自分が買うものにもっと意識を向けたいと思います」(デヴィン:写真左)

「このトップスは、昨日Depopで手に入れたのですが、送料が高すぎたので直接売り手に会って買ってしまいました。出身地のジョージア州には、いい古着屋がたくさんあります。大好きな、素晴らしい店をたくさん見つけています。古着を着ることは、リサイクルの方法としても、ファッションをサステナブルでありながらファッショナブルにするためにもいい方法だと思います」(ギャビー:写真右)"> 「買い物をするたびにサステナビリティについて考えます。わたしはグッドウィルのすぐ近くに住んでいるので、そこで買った服か、姉の服をたくさん着るようにしています。地球を守りたいので、中古品を買うことは大切だと思います」"> 「服を着ることには意味があります。このシャツはエル・トレイン・ヴィンテージ(L Train Vintage)で探したもので、靴下はバッファローエクスチェンジで手に入れました。古着を探しに行くときは、プラスティック節約のためにいつもエコバック持参です」"> 「ほぼすべてが古着です。ファッション業界から多くの環境汚染物質が排出されているので、もっと中古品を買おうとしています。巨大企業たちは自分たちがしていることがわかっているはずなのに、この状況はひどいと思います。

常に出てくる新しいファッションは、すごくかっこいいアートだとは思います。でも、古いものを使って、新しいものにつくり直したりできたらいいなと思うんです。ものづくりしながらリサイクルするというのは本当にクールだし、新しいファッションよりもクールにさえ感じられます」"> 「古着を買うのは、ワードローブを更新していくためのサステナブルで手ごろな方法だからです。新しいバインダーを買ったばかりなので、胸が隠れるようなゆったりしたものを着たいと思っていました。数日前にもこの服を着ていたのですが、これは気軽に着られる服なんです。やっぱりまた着てしまいました」"> 「たまに古着を探しに行きますが、買うのはオンラインからが多いです。ファッションを学ぶ学生として、サステナビリティは間違いなく最も重要なことのひとつだと思います。服をデザインするときには、石炭をあまり消費せず、人の手でつくられた、動物を犠牲にしない素材を使いたいです」"> 「いま古着に夢中なんです。搾取工場のニュースが出たあと、H&Mのようなチェーンに行くのは完全にやめました。古着を探し始めてから、これまでよりもずっといいものを見つけられています。服を燃やしてしまうのではなく、古着を着ることで服を守っていくほうがいいと思います」"> 「服は主に古着を買っています。服は服です。新しいかどうかは、たいしたことではありません。それに、古着を着るほうが環境にとってもいいことだと思います。特にオンラインで新しい服を買う場合は、配送も含めてより多くの排気ガスが発生しているからです」"> 1/18シャノン(20)
「クラスメートと一緒に来ていて、先生がわたしたちにこのベストを着せています。ベストの下に着ているものは、すべてノースカロライナで見つけた古着です。ファストファッションは環境に恐ろしい影響を与えるものなので、古着だけを着てデモに参加することはとても重要だと思います。

ベストからは環境がこれからどれだけ危険な場所になるのかについて、マスクからは排出される二酸化炭素ついて考えさせられます。マスクをするのはこれが初めてですが、マスクはあらゆる行動を制限してしまいます。大気汚染のためにマスクが日々の必需品と考える人もいますが、これをずっと着けていたらまったく違う生活になってしまうと思います」 2/18イマーニ(17)
「このパンツは母がわたしにくれたものです。わたしのスタイルは母が与えてくれたものだと思っているので、母の服はたくさん着ています。新しいものは買わないようにしています。リサイクルがとても大切だと思っているので、買うもののほとんどはユーズドです。お金を無駄にしたり、大きな会社に貢献したりする必要がないことに気づいて、とてもいい気分です」 3/18ジジ(14)
「手に持っているサインを目立たせたかったので、服の色はニュートラルなものにしました。着ているのは、ディッキーズのパンツ、ブランディ・メルヴィル(Brandy Melville)のトップスに、Depopで買ったナイキのスニーカー。主にスリフトショップやDepopで買い物をしています」 4/18テイラー(17)
「パンツは古着で、50セントで買いました。わたしはモノを捨てるのではなく、アップサイクリングを始めていくことがとても大切だと思っています。地球温暖化を進めないためにも、あらゆるものを最大限に活用しなければなりません。このストライキは科学を認めないということではないので、NASAのシンボルが描かれたクロップトップを着て、科学とNASAを支援しています」 5/18リサベス(18)
「(首から下げている)蝶の羽以外は、すべて古着で探しました。もうこれ以上ファストファッション企業をサポートしたくないので、古着を買っています。ファッションが好きで、かわいく見えることも大好きですが、ファッション企業が発展途上国の環境や家族たちを傷つけ、適切な仕事を与えていないという事実は好きではありません。

救世軍(サルベーション・アーミー)[編注:英国発祥の慈善団体。ショップでは寄付された物品が安価で売られている]が家の近くにあって、従業員ともとても親しいので、彼らも含めて支援しています。古着を探して買うことは、ファッションへの情熱だけでなく、地域社会に貢献するという意味でも重要です」 6/18ジェマーラ(17)
「古着が、特にわたしに呼びかけているようなものを探し出すのが大好きです。全国の街にあるようなスリフトショップがもっと増えればいいなと思います。よく行くのは、バッファローエクスチェンジというお店。そこでは、服を売ると店舗で使えるクレジットがもらえるのですが、これはサステナブルな素晴らしい方法だと思います。誰かのいらなくなった服が、わたしの最高の宝物になるかもしれないからです。

プライドソックスを履いているのは、レズビアンとしてのアイデンティティをもっと大切にしようとしているからです。VSCO girlみたいに、というか、ゲイのVSCO girlになりたいんです」 7/18ソフィア(22)
「古着を買うほうが環境にいいと思います。それに値段も安いし、より楽しくもあります。母がよく委託販売店で買い物をしていたのは、ラッキーでした。おかげで、他人の服を着るのが気持ち悪いとは思わなかったので。大学に入ってからは、古着を買うのにもっと夢中になりました。買い物は大好きですが、ゴミを出したくはないし、お金をたくさん使いたいわけでもありません。それに、(古着を買うことで)より多くのものを手に入れられるし、誰ももっていないものを見つけることもできるんですよ」 8/18マーク(17)
「マスマーケット向けのブランドがどんどん倒産し続けています。サステナブルに買い物をするというのは、間違いなく進むべき道です。もっとスリフトショップに行くべきだし、できれば自分で服をつくるべきだとも思います。大量生産のブランドからではなく、環境に優しいブランドから服を買わなければなりません」 9/18ジョジョ(16)
「サステナブルであるために、できるだけたくさん古着を着るようにしています。いま着ているものは、パンツと靴以外はすべて古着です。捨てられてしまう服がたくさんあります。多くのエネルギーや水が費やされる新しい服の代わりに、ゴミになろうとしている、まだ着られる服がたくさんあるんです」 10/18ミズ(16)
「わたしはファッションを通して自分を表現することが好きです。頭の先からつま先までカラフルにして、目立ちたいと思いました。服を再利用したり、リメイクしたり、アクセサリーをDIYしたりすることが多いです。ファストファッションには本当に反対なので、サポートしないようにしています」 11/18デヴィン(19)/ ギャビー(22)
「今日着ているものは、チョーカー以外すべて古着です。わたしは古着が大好きです。この街ではすべてが整理されているので難しいですが、古着を着ることはよりサステナブルだと思います。ファストファッションを買うのをやめようとしているので、中古品を買うか、オンラインでヴィンテージを購入するだけにしています。ファッションは世界で最もゴミを生み出しているもののひとつです。わたしはファッションスクールに通っているので、自分が買うものにもっと意識を向けたいと思います」(デヴィン:写真左)

「このトップスは、昨日Depopで手に入れたのですが、送料が高すぎたので直接売り手に会って買ってしまいました。出身地のジョージア州には、いい古着屋がたくさんあります。大好きな、素晴らしい店をたくさん見つけています。古着を着ることは、リサイクルの方法としても、ファッションをサステナブルでありながらファッショナブルにするためにもいい方法だと思います」(ギャビー:写真右) 12/18ジョー(16)
「買い物をするたびにサステナビリティについて考えます。わたしはグッドウィルのすぐ近くに住んでいるので、そこで買った服か、姉の服をたくさん着るようにしています。地球を守りたいので、中古品を買うことは大切だと思います」 13/18アニャ(16)
「服を着ることには意味があります。このシャツはエル・トレイン・ヴィンテージ(L Train Vintage)で探したもので、靴下はバッファローエクスチェンジで手に入れました。古着を探しに行くときは、プラスティック節約のためにいつもエコバック持参です」 14/18サラ(16)
「ほぼすべてが古着です。ファッション業界から多くの環境汚染物質が排出されているので、もっと中古品を買おうとしています。巨大企業たちは自分たちがしていることがわかっているはずなのに、この状況はひどいと思います。

常に出てくる新しいファッションは、すごくかっこいいアートだとは思います。でも、古いものを使って、新しいものにつくり直したりできたらいいなと思うんです。ものづくりしながらリサイクルするというのは本当にクールだし、新しいファッションよりもクールにさえ感じられます」 15/18ミラ(19)
「古着を買うのは、ワードローブを更新していくためのサステナブルで手ごろな方法だからです。新しいバインダーを買ったばかりなので、胸が隠れるようなゆったりしたものを着たいと思っていました。数日前にもこの服を着ていたのですが、これは気軽に着られる服なんです。やっぱりまた着てしまいました」 16/18ブレンダン(19)
「たまに古着を探しに行きますが、買うのはオンラインからが多いです。ファッションを学ぶ学生として、サステナビリティは間違いなく最も重要なことのひとつだと思います。服をデザインするときには、石炭をあまり消費せず、人の手でつくられた、動物を犠牲にしない素材を使いたいです」 17/18エサンディ(15)
「いま古着に夢中なんです。搾取工場のニュースが出たあと、H&Mのようなチェーンに行くのは完全にやめました。古着を探し始めてから、これまでよりもずっといいものを見つけられています。服を燃やしてしまうのではなく、古着を着ることで服を守っていくほうがいいと思います」 18/18アビダ(15)
「服は主に古着を買っています。服は服です。新しいかどうかは、たいしたことではありません。それに、古着を着るほうが環境にとってもいいことだと思います。特にオンラインで新しい服を買う場合は、配送も含めてより多くの排気ガスが発生しているからです」