大阪府摂津市立小学校の男性教諭(29)が、大阪市内の男性向け風俗店で勤務していたことがわかった。

 1日、学校が保護者に説明する。府教育庁は地方公務員法(営利企業への従事制限)に違反するとして懲戒処分を検討する。

 市教委によると、教諭は2014年度に採用され、市内の小学校に勤務。SNSを通じた知人の紹介で、今年8〜10月の公休日に風俗店で10回程度働いたという。調査に対し、教諭は「お金を得るのが目的だった」と認めたという。

 市教委の箸尾谷(はしおだに)知也教育長は「児童、保護者に申し訳ない。二度と起きないよう教職員の研修に力を入れる」としている。市教委は教諭を担任から外した。学校での勤務態度に問題はなかったという。