画像提供:マイナビニュース

写真拡大

MS&ADインシュアランスグループの三井住友海上火災保険は、損保業界では初になるチャットボットによる保険手続きサービスの開始など、チャットボット機能の拡充を図ったことを発表した。公式Webサイトにアクセスすることで、24時間365時間の問い合わせに対応してくれる。

同社は2018年12月からチャットボットによる保険の照会や見積もりの対応を行っているが、今月28日より新たに「保険料控除証明書の再発行手続き」や、「事故受付」を含む手続きサービスを可能とするなどAIチャットボット機能の拡充を図っている。同社によるとチャットボットによる保険手続きサービスは損保業界では初になるという。

対象の範囲は以下の通り。

従来ユーザーが営業時間内に電話を行うか代理店へ依頼する必要があったが、今回の機能拡充により24時間365日、時間や場所にとらわれずにニーズに対応できるようになる。同社では、今後AIチャットボットが対応結果を学習することで対応精度が向上すること、またチャットボットでの保険手続きサービス対象のさらなる拡充を述べている。