東京五輪のマラソンと競歩を札幌で開催することはもはや動かないが、国際オリンピック委員会(IOC)の調整委員会で、小池百合子都知事はこの3点は譲れないと主張したという。

第1が「これ以上の競技会場の移転はしない」、2つ目が「パラリンピックのマラソンは東京でやる」、3つ目は「(札幌の)費用負担はしない」だ。とくに、費用の問題では組織委も巻き込む論争になった。

IOCは組織委の「予備費」をあてたいという。これは、天災など予期せぬ事態に備えるもので、1000〜3000億円が計上されている。しかし、組織委の森喜朗会長は「IOCの負担を求めたい」という。

札幌ドームの陸上競技用改修で数十億円

司会の加藤紘一「予備費を札幌に使うのはどうなんだろう」

坂口孝則(経営コンサルタント)「IOCに決定権限があるから、多分、札幌になると思うが、費用はどんどん膨らんでいます」

札幌ドームをスタート・ゴールにすると、改修費だけで数十億円がかかるという。札幌市だってそんな金は出せないだろう。しかし、大通公園をスタート・ゴールにすると入場料はとれない。さて、ない袖をだれがどう振るか。