寒くなるとコンビニの「レジ横おでん」がおいしい。ところが今年(2019年)は、店によってはこれがなくなるかもしれない。ファミリーマートは来年1月(2020年)から、レジ横におでんの調理器具を置かず、注文を受けてからレンジで温める「レンジアップおでん」を導入することを決めた。

店舗によって、これまでのレジ横方式か、レンジアップ方式かを選べるようにするという。

煮る時間測ったりおツユ足したりと手間かかる

他のコンビニチェーンもおでん販売は縮小傾向にある。理由は人で不足だ。具材ごとに煮ている時間を記録し、入れ替えたり、つゆやお湯を足したりと、案外、手間がかかるのだ。その割に利益率が低く、衛生上の問題や、食品ロスが多い。早い話が、あまり儲からないのである。

司会の小倉智昭「コンビニに行って、レジの横におでんがあると、なんとなく食べたくなりますけどね」

橋口いくよ(作家)「私はコンビニでバイトをしていたので、おでんも売ってましたが、正直なところ、衛生面は不安な面もありました。でも、いつも同じ具を買うおでん好きの人たちは、がっかりしているだろうなと思います」

伊藤利尋キャスター「冬のコンビニって、あのおでんのにおいがコンビニのにおいですよね」

橋口「肉まんとおでん、ですね」

店側としては、レジ横をもっとゆったり使いたいし、子供が下から鍋に手をかけてひっくり返しはしないかと安全面にも気を遣わなくてはならない。レンジでチンで販売が続くなら、まあ仕方がないか。