U-17日本代表の若月 photo/Getty Images

写真拡大

日本の10代プレイヤーはこんなにも凄いのか。若きサムライの躍動に世界も驚いているのではないだろうか。

日本の10代プレイヤーといえばマジョルカでプレイするMF久保建英(18)が大きな注目を集めるが、その1つ下の世代にも優れたポテンシャルを持つ者が揃っている。現在ブラジルで開催されているU-17ワールドカップ初戦で欧州の強豪・オランダ代表を3-0と粉砕したU-17日本代表の選手たちにも世界が目をつけ始めているのだ。

伊『Calciomercato』によると、イタリア王者ユヴェントスがオランダ戦で2得点を挙げた快速FW若月大和に注目しているという。もちろんユヴェントスが今後本格的に若月の獲得へ動くと決まったわけではないが、オランダ戦のパフォーマンスで名前が世界的に知られるようになったのは間違いない。ユヴェントスのような強豪クラブが将来への投資として若月のようなフレッシュな選手に目をつけるのは当然のことだ。

若月は湘南ベルマーレへの加入が内定しており、すでにルヴァン杯ではデビューも果たした。まずはJリーグで結果を残すところからのスタートだが、数年後には世界へ羽ばたくことになるかもしれない。

若月だけでなく、オランダ戦では若月と絶妙なコンビネーションを見せたFW西川潤、中盤に落ち着きをもたらした藤田譲瑠チマ、圧巻の反応を見せたGK鈴木彩艶(ざいおん)など、興味深いポテンシャルを持つ選手が揃う。まだW杯は1試合こなしただけだが、オランダを粉砕した日本の若者を世界が見逃すはずはない。また1つ楽しみな世代の登場だ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/