御嶽海は番付表を手に気合の入った表情

写真拡大

 看板力士になれるか? 大相撲九州場所(11月10日初日、福岡国際センター)の新番付が発表された28日、9月の秋場所で2度目の優勝を果たした関脇御嶽海(26=出羽海)が福岡・新宮町の部屋宿舎で会見した。

 今場所で12勝以上すれば大関に昇進する可能性があり「10勝は絶対条件。先場所と同じ12勝できるようにしたい」と意気込んだ。一方で、勝負の場所を前に「不安です。本当に10勝できるのかなと…。自信はない」と弱気な言葉も口にした。

 関脇で2回優勝し、三役の連続在位17場所は昭和以降で単独2位。ただ、三役で10勝以上は優勝した2場所に限られる。「三役で2桁(10勝以上)が少なすぎる。心の問題。落ち着いていれば(10勝以上は)取れると思うけど、そこまで安定していない」と冷静に自己分析した。

 今月の秋巡業の過ごし方にも“誤算”が生じた。積極的に相撲を取る稽古に参加する一方、基礎運動に割く時間が不足。「土俵に上がる回数は増えたけど、そのぶん大事な基礎運動ができなかった。悔いが残る。(本番まで)あと2週間あるので、カバーしないといけない」と課題を挙げた。

 故郷の長野は台風の影響で甚大な被害に見舞われた。御嶽海は先場所で獲得した殊勲賞の賞金200万円の全額を長野県に寄付。12月にはボランティアで被災地に入り支援活動を計画している。御嶽海は「勝っている姿を見せて、少しでも元気になってもらえれば」と話したが…。