画像提供:マイナビニュース

写真拡大

楽天Edyは10月28日、NFC機能を搭載したiPhone専用の「Edyカード用楽天Edyアプリ」を提供開始すると発表した。

同アプリを利用すると、「Edカード」「Edy機能付き楽天カード」などに搭載されているFeliCaをiPhoneで読み取ること、自身のEdyの残高や直近の6件までの利用履歴の確認、楽天Edyや加盟店などで実施されているキャンペーンなどに参加して付与されるEdyの受け取りが可能になる。

経済産業省が推進している「キャッシュレス・消費者還元事業」で還元されるEdyもアプリ上で受け取ることができる。

これまで、「楽天Edy」のユーザーは、キャンペーンなどで付与されるEdyを、ファミリーマートのマルチメディア端末「Famiポート」、楽天モバイルショップ、一部の「楽天Edy」加盟店に設置されている専用チャージ機、受け取り専用特設パソコン、ANA国内線自動チェックイン機などで受け取りが可能だったが、同アプリにより、iPhoneでも直接受け取ることが可能になった。