1ゴール2アシストと全得点に絡んだFW西川潤

写真拡大

 U-17日本代表は27日、U-17ワールドカップ(ブラジル)のグループリーグ初戦で欧州王者U-17オランダ代表と対戦し、3-0で快勝した。この試合で得点を挙げたFW西川潤(桐光学園高)とFW若月大和(桐生一高)に対して、スペインの大手スポーツ紙『アス』がMF久保建英(マジョルカ)を引き合いに出し、「“ニュー久保”がブラジルで世界を魅了」と報じている。

 アジア王者として今大会に臨んだ日本は、前半36分に西川のスルーパスで抜け出した若月が先制点を挙げると、後半24分にも西川が鋭い縦パスを若月に通し、追加点を挙げた。さらに後半32分には相手のハンドによりPKを獲得。これを西川が落ち着いて決め、3-0で完封勝利をおさめた。

 同紙は「オランダに対する日本の圧倒的な勝利は、これまでブラジルで行われたU-17ワールドカップの中で大きな驚き。日本人が達成したことは小さなことではない」と、日本の白星スタートを称えた。

 さらに「オランダは現在ヨーロッパで2回優勝しており、ヨーロッパの偉大なクラブ(レアル、バルサ、アトレティコ、ユーベなど)のスカウトが多くいたが、彼らが見つけたのは、日本のチームだった」として、特に輝いた選手に西川と若月の名前を挙げた。

「西川はセレッソ大阪所属のレフティーで、バルセロナも注目している(来年に彼との契約を試みる予定)。彼は非常にテクニカルな選手で体格もいい。若いにもかかわらず、彼はU-20ワールドカップでもプレーしており、この日本チームのフィールド内外での素晴らしいリーダーだ。若月は、オランダの守備を無効にするパワフルでエレクトリックなプレーを世界に見せた」

 また、同紙は「ミッドフィルダーのMF三戸舜介(JFA福島U18)と成岡輝瑠(清水ユース)も目立っていた」と2人を紹介し、「久保の出現が“始まり”であることを確認した。オランダ相手に示した優位性は、長年の仕事の結果」と伝えた。