日本が勝利したという結果もさることながら、内容がすばらしかった。だから、試合を見ていて痛快だった。

 テクニック、スピード(走るスピードも、パススピードも)、運動量、プレー判断、フィジカルコンタクト、空中戦、球際の競り合いなど、サッカーに必要とされる要素のどれを取っても、日本は互角以上に渡り合えていた。

 そのうえ、日本ならではの特長である、全員で力を合わせてプレーする組織力や粘り強さまで備えていたのだから、完勝を収めるのは当然の結果だったのかもしれない。

 相手がヨーロッパチャンピオンであったことも含めて考えれば、おそらくU−17日本代表史上ベストマッチ。少なくともU−17ワールドカップでの試合に限れば、そう言い切って構わないだろう。


U−17W杯、日本はグループリーグ初戦でオランダに快勝した

 10月26日(現地時間)からブラジルで開かれているU−17ワールドカップ。日本はグループリーグ初戦でオランダと対戦し、3−0で勝利した。昨年のU−16ヨーロッパ選手権を制し、今大会でも優勝候補と目されていた難敵を相手に、胸のすくような快勝である。

「試合に入って、正直、オランダはこんなにうまいのかってビックリした。最初は、ちょっとヤバいなと思った」

 ボランチとして攻守に奮闘したMF藤田譲瑠チマが、苦笑まじりでそう振り返ったように、試合は序盤、オランダペースで動き始めた。

 日本はオランダに楽々とパスをつながれ、ジワジワと後退。どうにかボールを奪っても、それを攻撃につなげることができず、自陣で防戦を強いられた。

 だが、2年前の前回大会でも指揮を執っている森山佳郎監督によれば、「あれくらいは想定範囲内。20分くらいは苦しむんじゃないかと思っていたが、全然そんなことはなかった」。キックオフの笛から10分を過ぎると、日本は奪ったボールを落ち着いて動かしつつ、相手DFラインの背後を効果的に突いて、チャンスを作り出した。

 なかでも、驚異的なスピードを武器にオランダ守備網を切り裂いたのが、先制ゴールを含む2得点を挙げた俊足ストライカー、FW若月大和である。藤田が続ける。

「簡単に(DFラインの)裏に蹴り出して大和を走らせたところから、相手のDFラインが下がってきた。そうすることで、真ん中(中盤)にスペースができて、自分とか、(MF田中)聡とかがボールを持てるようになって、流れが少しずつ変わってきた」

 若月のスピードには、さすがのヨーロッパチャンピオンもほぼお手上げ状態だった。若月は複雑な駆け引きをするわけでもなく、シンプルに走り出すだけだったにもかかわらず、DFラインの背後にパスを送りさえすれば、決定機は次々に生まれた。

「オランダはこういう(日本のような)相手とやったことがないんじゃないかと思うくらい、背後に対してのケアが甘いなと思った。日本は(スピードだけでなく)信頼関係でああいう(相手が嫌がる)ところに(パスを)出せるのが武器なんで。そういう日本の武器を出せたからこそ、背後を何本も取れたのかなと思う」

 殊勲の背番号9はそう語り、自らの2ゴールをお膳立てしてくれた2トップのパートナー、FW西川潤への感謝の言葉を続ける。

「潤は結構足もとで受けられるんで、自分は背後(を狙う)というところをこのチームの武器にしようと、練習からかなりやってきた。それを、最大限に生かせたかなと思う。潤の左足はかなり精度が高いのはわかっているし、潤がドリブルでボールを持った時に目が合って、『ここに来る』っていうのが、自分でもわかったというか、気持ちがつながったというか、あの(先制点の)瞬間、ここだっていうところにピンポイントでパスをくれた。もう自分が決めるだけだなと思った」

 年代を問わず、代表チームとは、普段は敵味方に分かれて戦う選手たちの集まりである。藤田もまた、「大和の足が速いのはわかっていても、裏を取られてしまうことを実感している」ひとりである。だからこそ、「チームとして、それが”確信できる武器”になっている」と、藤田は言う。

 ただし、日本が若月のスピードに頼るだけの、単調なロングカウンターに終始していたのなら、おそらくこれほど多くのチャンスは作れなかったに違いない。

 オランダに背後への恐怖を植えつけつつも、日本は低い位置からでも、奪ったボールを落ち着いて動かすことができていた。実際、若月の先制点にしても、西川―若月のホットラインばかりが目立つが、自陣からしっかりとつないだボールが、前を向ける体勢の西川にわたったことから生まれている。

 この試合のボールポゼッション率を見ると、60%対40%で、たしかに日本は劣っていた。だが、この数字から受ける印象以上に、日本は落ち着いてパスをつなぐことができていた。若月のスピードが、あまりに威力を発揮した理由である。

 もちろん、いずれ訪れるチャンスでその武器を生かすために、粘り強くオランダの攻撃を防ぎ続けた守備陣の健闘も見逃せない。キャプテンのDF半田陸が誇らしげに語る。

「みんなで(お互いの)距離を近くして、体を張って守れたので、ゼロ(無失点)で抑えられた」

 攻撃陣と守備陣がお互いを奮い立たせ合い、90分間を戦い抜いた、まさにチーム一丸の勝利である。初戦で勝ち点3を手にしたばかりか、得失点差でプラス3を稼いだことは、グループリーグ突破を考えるうえで、かなりのアドバンテージとなる。

 過去、この大会での日本の最高成績は1993年、2011年大会のベスト8。最大7試合を戦わなければならない大会の、まだ1試合を終えただけとはいえ、初のベスト4進出の期待が高まる快勝だった。