JFA会長任期、最長4期8年と明文化

写真拡大

 日本サッカー協会(JFA)は27日に臨時評議員会を開催し、会長の任期を原則として最長4任期(8年)とする規則の改定を行った。来年3月に行われる役員改選から採用される。これまで会長は就任時に70歳未満とする定年制を設けていたが、再任回数については明文化されていなかった。