米ツアー歴代最多となる82勝を達成したタイガー・ウッズ【写真:荒川祐史】

写真拡大

試合後の喜びの声「チャンスがあれば、勝てれば嬉しいと思っていた」

 米男子プロゴルフ(PGA)ツアーで日本初開催のZOZOチャンピオンシップは28日、千葉・アコーディア習志野CC(7041ヤード、パー70)で27日に日没順延で終えられなかった最終ラウンド(R)の残りが行われた。暫定首位で出た米ツアー歴代2位の81勝を誇るタイガー・ウッズ(米国)が、12番から再開し、通算19アンダーで優勝。1965年までに通算82勝を挙げた故サム・スニード(米国)のツアー最多勝に並ぶ歴史的勝利となった。

 43歳のウッズは、初日から首位を守る完全優勝で大記録に到達。今季の海外メジャー・マスターズで11年ぶりのメジャー通算15勝目を挙げ、完全復活を遂げた。 8月の左膝手術後初戦となった今大会は、2006年11月のダンロップ・フェニックス以来13年ぶりに日本開催ツアー出場。日本での優勝は05年の同大会以来14ぶり3勝目となった。

 3打差の暫定2位で出た松山英樹(LEXUS)は、13番から再開し、1つ伸ばして16アンダーの2位で17年8月ブリヂストン招待以来の米ツアー6勝目には届かなかった。

 18番をバーディーで締めくくり、日本の大歓声を浴びたウッズは歴史的快挙について「チャンスがあれば、勝てれば嬉しいと思っていた。5日間を戦って勝つことができてうれしい。これからも頑張りたい」と喜んだ一方で、月曜決戦を振り返り「ヒデキのバーディー(16番)も結構、効いたよ。プレッシャーもあった」とV争いを演じた松山を称えた。(THE ANSWER編集部)