オランダを相手に日本が先制。若月(写真)が右足でネットを揺らした。(C) Getty Images

写真拡大

 ブラジルで開催されているU-17ワールドカップは10月28日、グループリーグの日本対オランダが日本時間の午前8時のキックオフで行なわれている。

 アジア王者の日本は、優勝候補の欧州王者・オランダを相手に、立ち上がりこそ相手のフィジカルの強さに押し込まれるシーンがあったものの、徐々にパスワークで主導権を握り始める。20分過ぎからは、エースの西川潤、最前線の若月大和らを軸にオランダ守備陣を翻弄。相手ゴールに迫っていく。

 すると35分、日本は中央をドリブルで持ち上がった西川から若月へスルーパスが通る。これに反応した若月が右足で叩き込み、日本が先制した。前半は良い流れのまま、日本が1点をリードして折り返している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部