福田正博 フットボール原論

■W杯2次予選で危なげなく勝ち点を積み重ねている日本代表。しかし、大迫勇也が不在となったときの攻撃を不安視する声はなかなか消えない。では、大迫がいないチームで、どのような戦術や選手の組み合わせが考えられるのか。元日本代表の福田正博氏が分析した。

 日本代表は10月のW杯アジア2次予選で、モンゴルに6−0、タジキスタンに3−0で勝利した。勝敗はもちろんのこと、相手との実力差を考えると、故障のために不在だった大迫勇也に代わるFW陣が、どういうプレーを見せてくれるかを注視していた。

 1トップは、モンゴル戦では永井謙佑がスタメン出場し、鎌田大地が途中から起用された。タジキスタン戦は鎌田大地が先発出場。永井はモンゴル戦で1得点、鎌田は途中出場したモンゴル戦で代表初ゴールを決めて、タジキスタン戦では先制点の起点になった。


W杯2次予選で存在感を見せた鎌田大地(写真左)

 相手のレベルにかかわらず、FWはゴールという結果を残すことがとても重要になる。とは言え、この先に控えるW杯最終予選や、本番である2022年のW杯カタール大会を見据えれば、対戦相手のレベルはもっと高くなる。そのため、この試合の結果だけで太鼓判を押すことはできない。

 なにも大迫と同じようなプレーができなかったから合格点を出せないのではない。ブンデスリーガで認められる大迫レベルの日本人FWはほかにはいないし、大迫のようなポストプレーを望むのは酷なこと。森保一監督も、招集したFWには、それぞれの特長をしっかりと発揮してもらいたいと考えているはずだ。にもかかわらず、そういう面があまり見られなかったのが、少し物足りなさを覚えた理由だ。

 もちろん、対戦相手との兼ね合いもある。アジアを戦う場合、実力差の大きく劣る相手だと日本代表が一方的に押し込むケースが多い。

 そうした状況にあって、鎌田はタジキスタン戦の前半、FWというポジションを意識しすぎたせいか目立たなかった。しかし、ポジションを1列下げた後半は別人のように持ち味を発揮した。彼が最大限に生きるのは、1トップよりもトップ下のポジションにあるだろう。

 彼のよさは、相手のDFとMFの間でパスを受けるのが抜群にうまいこと。このエリアでボールを受けて前を向いて仕掛けられると、相手守備にとっては脅威だ。そうした強みを鎌田はタジキスタン戦の後半に見せた。

 南野拓実とポジションを入れ替えたことで、味方からのパスを相手MFとDFラインの間で受けて、攻撃のいいリズムを何度となく作り出した。こうしたプレーが評価されているからこそ、今シーズンは所属するフランクフルトでもしっかりとレギュラーを確保しているのだろう。

 なによりモンゴル戦、タジキスタン戦での鎌田は、自分だけではなく味方の持ち味も最大限に引き出すことに成功していた。ここを評価したい。大迫不在時の日本代表にとっては、南野が最前線でスペースに走り込む役割を担い、鎌田がトップ下的な位置取りで試合を組み立てるというオプションが見えてきたと言ってもいい。

 南野のプレースタイルは、司令塔あるいは4−2−3−1のトップ下というよりも、4−4−2の2トップの一角に近い。大迫がワントップの場合、最前線で張る大迫のまわりで動き続け、スペースを見つけて走り込んでいく。また、パスを受けてフィニッシュに持ち込むのもうまい。その南野と、2列目中央で司令塔的にパスをさばける鎌田という布陣は、両選手の特性を生かせる組み合わせになるはずだ。

 つまり、大迫がいる場合に機能していた攻撃が、大迫不在だと迫力不足になるのなら、選手の組み合わせを考え直してもいいということ。その点で、森保監督は今回のW杯アジア2次予選で新たな可能性を見つけたと言えるだろう。

 また、モンゴル戦は2列目右MFの先発は伊東純也がつとめて、右サイドからのピンポイントクロスなどで3アシストの活躍。このポジションはこれまで堂安律が先発することが多かったが、右利きの伊東が存在感を示したことは、日本代表の攻撃のバリエーションを増やしたという意味で大きかった。

 森保監督は、右MFには左利きの堂安、左MFには右利きの中島翔哉をスタメン起用することが多い。これはサイドから中央に切れ込みながら、FWの大迫やトップ下の南野との連係から相手DF陣にギャップを生じさせて、シュートに持っていく狙いがあるからだ。

 堂安は中央で待つ大迫や南野にパスしてからゴール前に走り込み、リターンをもらってのシュートを得意とする。しかし、大迫不在時は、堂安が切れ込んでも、ゴール前は敵味方の選手が混み合うケースが多く、シュート機会をつくるのが難しくなっている。

 これに対して、右利きの伊東はスピードを生かして単独で右サイドをタテに深くえぐるので、相手DFは中央からサイドに引き出され、ゴール前には味方選手が使えるスペースができる。さらに、伊東のクロスはピンポイントで合わせる精度の高さがあるため、高さがさほどない日本代表でも、ポジショニングとタイミングでヘディング勝負が可能になる。また、伊東は連係プレーだけでなく、単独突破で崩すこともできるので、ボールを奪われた場合のリスクが減る。

 伊東はスピードもあるのでカウンター速攻も狙えるし、左サイドから攻撃を組み立てるときにはゴール前で得点する能力もある。これまで右サイドは堂安の存在感が際立っていたが、所属のヘンクでチャンピオンズリーグにも出場し、経験を積む伊東が輝きを放ったことで、攻撃の選択肢が増えたと言えるだろう。

 もちろん、大迫の代わりとなるFWを探しながらも、ほかのポジションでも新たな可能性を試していく。これは日本代表全体の選手層を厚くすることにつながるので、今後も続けてもらいたい。

 FWは、モンゴル戦でゴールを決めた永井謙佑(FC東京)や、タジキスタン戦で得点した浅野拓磨も招集されたが、今回未招集の若手FWにフォーカスすると、上田綺世(鹿島)や前田大然(マリティモ)、鈴木優磨(シント・トロイデン)、鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)らもいる。武藤嘉紀(ニューカッスル)も含め、まずは所属クラブでしっかりと試合に出て、存在感を高めてもらいたい。

 来年は東京五輪後にU−23代表から多くの選手がA代表に加わる可能性がある。さらに競争が激しくなるなかで、大迫とは異なるタイプのFWや、大迫に匹敵する能力の選手がさらに多く現れてくれることに期待したい。

◇プロフィール 福田正博(ふくだ・まさひろ)
1966年12月27日神奈川県生まれ。176cm。日本リーグ時代、三菱(現・浦和)に入団し93年からJリーグへ。95年50試合32得点で、日本人初のJリーグ得点王に。日本代表45試合9得点。02年現役引退。S級ライセンス取得後、2008年から浦和レッズコーチに就任。現在はサッカー解説者として『SUPER SOCCER』(TBS)など各媒体で活躍。