【新馬/京都4R】キンノマサカリがデビュー勝ち!4馬身差完勝

写真拡大

 27日、京都競馬場で行われた4R・2歳新馬戦(ダ1800m)で2番人気、和田竜二騎乗、キンノマサカリ(牡2・栗東・鈴木孝志)が快勝した。4馬身差の2着にテイエムゴールデン(牡2・栗東・五十嵐忠男)、3着にリトルクレバー(牡2・栗東・佐々木晶三)が入った。勝ちタイムは1:54.0(重)。

 1番人気で浜中俊騎乗、テイルウォーク(牡2・栗東・池江泰寿)は、9着敗退。

【東京8R】天皇賞と同距離はアトミックフォースが勝利

メイショウサムソン産駒 キンノマサカリ

 2番人気に支持されたキンノマサカリが嬉しいデビュー勝ちを飾った。スタートから押していき3番手をキープ。抜群の手応えで直線に向くとあっという間に後続を突き放して終わってみれば4馬身差と他馬との力の違いを見せつけた。

キンノマサカリ 1戦1勝
(牡2・栗東・鈴木孝志)
父:メイショウサムソン
母:クロンヌドール
母父:アグネスタキオン
馬主:岡浩二
生産者:ノースヒルズ