10月26日、京都競馬場で行われたG2・スワンステークスは、1番人気に支持されたスミヨン騎乗のダイアトニックが外から鋭く伸びて差し切りV。嬉しい重賞初制覇を飾った。

スワンステークス、レース後ジョッキーコメント
1着 ダイアトニック
C.スミヨン騎手
「今日は外枠を引いていましたからポジションを心配していました。スタートが良くて内側の状態が良くないなかで、外へ行けたのが良かったです。人気を集めていたモズアスコットが差し馬ということは研究して分かっていました。そのモズアスコットの後ろになって差せるのか心配していましたが、よく差してくれました」

2着 モズアスコット
岩田康誠騎手
「直線で反応してくれましたが、勝ち馬のキレが凄かったです」

3着 マイスタイル
田中勝春騎手
「1400mでもかかりそうなくらいで行きっぷりが良かった。次が楽しみですね」

4着 タイムトリップ
藤岡康太騎手
「リズムよく運んでいって馬場の良いところに出しながら、良い脚を使って頑張ってくれました」

5着 グァンチャーレ
松岡正海騎手
「叩いて良くなりそうな感じはあります」

6着 トゥザクラウン
福永祐一騎手
「ペースもそんなに速くありませんでしたし、かたちは良かったです。次は良くなってきそうです」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 26日、京都競馬場で行われた11R・スワンステークス(G2・3歳上オープン・芝1400m)で1番人気、C.スミヨン騎乗、ダイアトニック(牡4・栗東・安田隆行)が快勝した。ハナ差の2着に2番人気のモズアスコット(牡5・栗東・矢作芳人)、3着にマイスタイル(牡5・栗東・昆貢)が入った。勝ちタイムは1:21.3(稍重)。

【アルテミスS】ルメール「いい競馬が出来た」レース後ジョッキーコメント

ロードカナロア産駒 ダイアトニック

 スミヨン騎乗のダイアトニックがゴール前鋭く伸びて重賞初制覇を飾った。前走の安土城ステークスでオープン初制覇を飾ると、このレースで1番人気のに支持されて堂々のV。スミヨン騎手の手綱さばきも見事で測ったような差し切りを見せた。

ダイアトニック 11戦6勝
(牡4・栗東・安田隆行)
父:ロードカナロア
母:トゥハーモニー
母父:サンデーサイレンス
馬主:シルクレーシング
生産者:酒井牧場

【全着順】
1着 ダイアトニック
2着 モズアスコット
3着 マイスタイル
4着 タイムトリップ
5着 グァンチャーレ
6着 トゥザクラウン
7着 キングハート
8着 セイウンコウセイ
9着 スマートオーディン
10着 アマルフィコースト
11着 マルターズアポジー
12着 カルヴァリオ
13着 キャナルストリート
14着 ノーワン
15着 ロードクエスト
16着 イエローマリンバ
17着 ムーンクエイク
18着 モーニン