厳選!2歳馬情報局(2019年版)
第23回:エブリワンブラック

 先週のGI菊花賞(京都・芝3000m)を制して、昭和、平成、令和と3つの時代でGI制覇を成し遂げた武豊騎手。そんな彼にとって、ゆかりの深い2歳馬がまもなくデビューする。

 栗東トレセンの武幸四郎厩舎に所属するエブリワンブラック(牡2歳/父ブラックタイド)である。

 同馬の全兄はキタサンブラック(牡/父ブラックタイド)。武豊騎手とのコンビで数多くのGIタイトルを手にした、平成時代の終盤を彩った名馬だ。


エブリワンブラックの偉大な兄、キタサンブラック

 キタサンブラックは3歳クラシックにおいて、GI皐月賞(中山・芝2000m)で3着と奮闘。GI日本ダービー(東京・芝2400m)では14着に敗れるも、最後の一冠・菊花賞で念願の戴冠を果たした。そして、年末のGI有馬記念(中山・芝2500m)でも、古馬相手に3着と健闘した。

 ここまではほかの騎手がまたがっていたが、4歳春から武豊騎手が騎乗。以降、5歳秋に引退するまでの全12戦は、武豊騎手とのコンビで、歴史に名を刻む活躍を見せた。

 栄冠獲得はすぐに訪れた。コンビを組んで2戦目のGI天皇賞・春(京都・芝3200m)。長丁場の一戦を絶妙なペースで逃げ切って、強豪ライバルたちを一蹴した。

 そうして、秋にはGIジャパンC(東京・芝2400m)で優勝。後続を寄せ付けない軽快な走りで、2着以下に2馬身半差をつける鮮やかな勝利だった。続く有馬記念は2着に敗れたものの、出走6レース(うちGI4レース)ですべて馬券に絡んで(3着以内)、年度代表馬に輝いた。

 さらに圧巻だったのは、5歳となった2017年。GI大阪杯(阪神・芝2000m)を勝つと、天皇賞・春で見事に連覇を達成した。同レースでは、2006年にディープインパクトがマークしたレコードをコンマ9秒更新する、驚愕のパフォーマンスを披露した。

 それから、秋初戦でGI天皇賞・秋(東京・芝2000m)を快勝。スタートで致命的な出遅れを喫するも、不良馬場のなか、スルスルとポジションを上げていって、劇的な逆転勝利を飾った。

 大きな注目を集めた引退レース、有馬記念の走りもすばらしかった。いつもどおり先頭に立つと、最後まで気持ちよく走り切って、あと一歩で逃してきたタイトルをついにモノにした。こうして、この年もGI4勝を挙げたキタサンブラック。2年連続の年度代表馬となり、華々しく引退した。

 これほどの名馬と、まったく同じ血統のエブリワンブラック。無論、デビュー戦で鞍上を務めるのは、武豊騎手だ

 その初陣は、10月27日の2歳新馬(東京・芝1800m)。ここまで入念に調教を重ねてきたが、同馬に対するスタッフの評価はどれほどのものなのか。関西競馬専門紙のトラックマンがその様子を伝える。

「エブリワンブラックは一度、春先に入厩したのですが、武調教師によると『ゲート試験は合格したものの、スタートの出がもうひと息だったので、一度放牧に出した』とのこと。そして今回、トレセンに戻ってくると、ゲートは向上していました。おかげで、武調教師は『夏場、無理しなかったことで、心身ともに成長した』と満足気。体もしっかりしてきて、『いい雰囲気になった』と確かな手応えをつかんでいるようでした」

 調教の動きについて、武調教師はおおむね満足しているようだ。トラックマンが続ける。

「ここ2週間は、武調教師が自らまたがって追い切ったのですが、『動きはよく、新馬戦を走れる態勢は整った』と話しています。気性的な悪さもまったくなく、性格は非常に穏やかなようです。『2歳戦向きの馬ではないかもしれないが、血統からも期待の大きな馬』と、武調教師。デビュー戦は東京・芝1800mで、キタサンブラックのデビュー戦と同じ舞台ですから、余計に期待が膨らみますね」 武豊騎手が手綱をとって初陣を迎えるエブリワンブラック。いきなり兄キタサンブラックを彷彿とさせる走りを見せてくれるのか、注目である。