ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 秋のGIシリーズは今週、京都から東京に舞台を移して、GI天皇賞・秋(10月27日/東京・芝2000m)が行なわれます。

 昨年の天皇賞・秋の際には、13頭立てながら7頭ものGI馬が参戦し、「豪華な顔ぶれがそろった」と話した記憶があるのですが、今年はなんと、出走16頭のうち10頭がGI馬という、昨年を上回る”超豪華なメンバー”が一堂に会すことになりました。

 しかも、昨年はいずれも故障やローテーションの関係で出てこなかったアーモンドアイ(牝4歳)、ワグネリアン(牡4歳)、ダノンプレミアム(牡4歳)という4歳世代のトップクラスが集結。そこに、サートゥルナーリア(牡3歳)という3歳世代の超大物も加わって、純粋にレースを見ることが楽しみで仕方がありません。

 さて、非常にゴージャスなメンバー構成となった天皇賞・秋ですが、世間的にはアーモンドアイとサートゥルナーリアの”一騎討ち”といったムードが充満しています。

 この見方に関して、僕としても概ね同意見です。アーモンドアイとサートゥルナーリアの2頭は、他のGI馬たちと比べても、競走馬としてのポテンシャル、奥深さが、ひと回り違うように思われます。6割、いや7割の確率で、この2頭による決着になるのではないか、と考えています。

「九分九厘」とか「9割方」といった言い方までしたくないのは、当然のことですが、競馬には「絶対」がないからです。

 実際、アーモンドアイは前走、GI安田記念(6月2日/東京・芝1600m)で「2強」と言われたダノンプレミアムとともに、スタート直後に大きな不利を受けて、結果は3着。ゴール前の脚色からして、不利がなければアーモンドアイの楽勝だったかもしれませんが、そうやって実力どおりに収まらないのが、競馬の恐ろしいところです。

「2頭で絶対に決まり!」とまで言えないのは、もうひとつ理由があって、サートゥルナーリアにはまだ全幅の信頼を置けないからです。

 快勝した前走、GII神戸新聞杯(9月22日/阪神・芝2400m)のパフォーマンスは本当に見事でしたし、サートゥルナーリアが3歳世代のトップ、それどころか日本の現役馬すべての中でも、最強クラスの能力を秘めていることは疑いようがありません。

 ただ、大切に使われてきた分、まだまだキャリアが浅く、よくも悪くも”未知数”の部分が多いのが、今のサートゥルナーリアです。

 そして今回、唯一負けてしまったGI日本ダービー(4着。5月26日/東京・芝2400m)を思い返してみても、テン乗りとなるクリストフ・スミヨン騎手へ乗り替わるのは、懸念材料となります(※ダービーでは、騎乗停止のクリストフ・ルメール騎手に替わって、ダミアン・レーン騎手が騎乗)。

 加えて、神戸新聞杯から中4週での出走。普通の馬にとっては、ちょうどいい間隔での叩き2走目となりますが、これまでもレースごとに放牧を挟み、間隔を取りながら目標の一戦に向けて仕上げてきた馬ですから、単純に「2戦目の上積みがある」とは考えづらい面があります。

 スタートにおいても、ホームストレッチからの発走だったダービーに比べればマシですが、それでも非常に多くの観衆が詰めかける『天皇賞デー』ですから、ダービーの時のようにイレ込んで、出遅れてしまう懸念もあります。

 結局、ダービーの時と同じく、負けたあとの言い訳になる材料はいくらでもある、というのが、今回のサートゥルナーリアではないでしょうか。僕が「7割くらい」と言うのは、そういうことです。

 もちろん、こういった不安要素がすべて杞憂に終わるならば、アーモンドアイとの一騎討ち、さらには圧勝というシーンも見えてくるでしょう。

 アーモンドアイに関しては、「今さら言うことはないな」というのが正直なところ。それこそ、安田記念のように大きな不利があって、なおかつ展開にも恵まれず……というレースにさえならなければ、負けるシーンはなかなか考えづらいところです。

 凱旋門賞に挑戦しない、という話を初めて聞いた時は少しがっかりしましたが、この秋の国内専念は、結果を出すことを優先してのもの、ということ。それだけの活躍を、大いに期待したいと思っています。陣営としても、連勝が止まっての仕切り直しの一戦ですから、勝利にこだわっているはずです。

 いずれにせよ、今年の天皇賞・秋は「アーモンドアイとサートゥルナーリアの戦い」ということは、競馬ファンなら誰しもが考えることでしょう。つまり、馬券という意味では、その先、3番手以降の評価が大切になってきます。

 そこで今回、鞍上を替えて、昨年の雪辱を期すスワーヴリチャード(牡5歳)を「ヒモ穴馬」に取り上げたいと思います。


得意舞台で一発が期待されるスワーヴリチャード

「左回りがいい」ということで、昨年の天皇賞・秋では1番人気に推された同馬。しかし、まさかの出遅れとなって、キャリア唯一のふた桁着順(10着)での敗戦となりました。

 この一戦でリズムが狂ってしまったのか、以降のレースでは3着争いまでには顔を出すものの、勝ち負けに絡む連対はナシ。昨春に、GII金鯱賞(中京・芝2000m)、GI大阪杯(阪神・芝2000m)と連勝した時のような、突き抜けた強さは見られなくなってしまいました。

 そのため、今回も世間的な評価はあまり高くならないでしょうが、スワーヴリチャードにとっては、1年ぶりに戻ってきたベストな条件となる舞台。左回りで、距離も2000mぐらいが最適です。昨年は結果的に大敗を喫しましたが、天皇賞・秋こそ、同馬が最も輝きを放てるレースのはずです。

 また、このタイミングで鞍上に横山典弘騎手を起用してきたことは、とても気になるところです。

 先週の菊花賞でも、横山典騎手騎乗の16番人気ディバインフォースが、馬券圏内(3着以内)にあと一歩、というレースを披露。後方からの、あの追い込みには驚かされました。

 横山典騎手は、よくも悪くも何かを起こしてくれるジョッキーです。3着続きの現状を打破したいというスワーヴリチャードの関係者が、彼に手綱を任せたい気持ちはよくわかります。

 それまでスワーヴリチャードの主戦だったミルコ・デムーロ騎手は、今週になってランフォザローゼス(牡3歳)への騎乗が決定。そうした状況を鑑みても、やはり厩舎やオーナーのほうから、デムーロ騎手からの乗り替わりを望んだということだと思います。

 競馬ファンならわかっているかと思いますが、大舞台での横山典騎手というのは、ある種の”劇薬”。歯車が合わなければ、何もなくさっぱり、というシーンも考えられます。その一方で、うまくハマれば、今回は3着争いどころから、「2強」の一角崩し、それ以上の可能性も考えられます。 そういう意味でも、スワーヴリチャードは「ヒモ穴馬」として、オススメです。