2018年NBAドラフト1位ディアンドレ・エイトン 薬物違反で25試合の出場停止

ざっくり言うと

  • 2018年のNBAドラフトで全体1位指名を受けたディアンドレ・エイトン
  • 禁止の利尿剤に陽性反応を示したとして、25試合の出場停止処分を科された
  • NBAの発表によると、処分は25日のデンバー・ナゲッツ戦から開始される

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x