画像提供:マイナビニュース

写真拡大

Netcraftは10月24日(米国時間)、「Netcraft|October 2019 Web Server Survey」において、2019年10月におけるWebサーバのシェア調査の結果を伝えた。

2019年10月はnginxとGoogleがシェアを増やし、Microsoft IISとApacheがシェアを減らした。特にnginxがどのメトリックにおいても値を増やしており、長期にわたる増加傾向が続いている。

Netcraftの観測によれば、インターネットは2018年以降、ホスト名ベースで縮小が続いている。今のところ、縮小傾向を翻す動向は観測されておらず、2019年10月も多少の増加を見せたものの、傾向そのものを覆すほどの動きにはなっていない。同様の傾向が続いた場合、今後もインターネットはホスト名ベースで縮小傾向が続く可能性がある。