©テレビ朝日

写真拡大 (全2枚)

視聴者から寄せられた投稿メールや、さまざまな欲望を叶えるVTRを見たマツコ・デラックスと有吉弘行が感じたこと、疑問に思ったことなどを独自の視点でトークしていく『マツコ&有吉 かりそめ天国』。

10月25日(金)の放送では、「子どもにはどんな習い事をさせるのがよいか?」という話題について議論する。

©テレビ朝日

この話題では、ふたりが小さい頃にやっていた習いごとの話題に。

さらに「子どものときは、どんなことを習っておいても損はないと思うけど、親の思いを押し付けちゃダメだと思う」「東大に入る、ってことよりも東大に入った後のほうが大事よね」とマツコは持論を述べる。

2人が思う「すごい人」になるために必要な教育を考え、12歳以下の子どもたちの「習い事ランキング」を見ながら、昨今の習いごと事情についてトークを展開する。

さらに、インドの驚くべき教育カリキュラムも明らかになる。

◆レジでクーポンを出すときにモタつく人に苦言

「お店のクーポンを活用するか?」というトークでは、「お店で2つ買うとひとつもらえる、とか言われるとついいらないものまで買っちゃう」と話すマツコ。

そんなマツコを有吉は「それ、お店の思惑通りじゃん!」と笑う。さらに、店のレジでクーポンを出すときにモタつく人にも苦言を。「スマートフォンとかでクーポンを出したりする人は、スマートにやって!」と警鐘を鳴らす。

またマツコは「キャッシュレス還元が難しい」という悩みを吐露。スマホに不慣れなマツコだったが、ついにスマホアプリでのキャッシュレス決済を始めようと決意したそう。

しかし、調べても調べても、明確な説明がなくて理解ができない、と悲しそうに漏らす。