2021年卒生の速報版・就職人気ランキング。1位ANAの強さが際立つ。

写真拡大 (全4枚)


速報版の就職人気ランキングで2位に入った集英社の神保町ビル (編集部撮影)

就活」に大きな変化が起こっている。

それは、経団連(日本経済団体連合会)が策定していた、いわゆる「就活ルール」が2021年卒生(現大学3年生、大学院1年生)から廃止されたためだ。今までは、「採用活動の指針」を定め、経団連が加盟企業に対して、「採用活動の解禁日」を設定していた。

具体的には、大学3年生の3月に説明会の実施や募集要項などの発表など「採用広報活動」を解禁し、4年生の6月から面接などの「採用選考活動」を解禁してもよいとしていた。このルールを加盟団体以外の企業や就職情報企業も基準にし、就活のスケジュールが決まっていた。

経団連の”就活ルール”が廃止

しかし、学生側に有利な売り手市場の状況が続く中、ルールを破り早い段階から採用活動を始める企業が続出。さらに、人材獲得競争の中で、優秀な学生が、ベンチャー企業や外資系企業に先に奪われてしまうという危機感が生まれていた。


『就職四季報』特設サイトはこちら

そうした中、経団連の中西宏明会長が、2018年9月に「経団連が採用日程を采配することに違和感を覚える。現在の新卒一括採用についても問題意識を持っている」と発言。そして経団連は2020年卒生(現4年生)の採用をもって就活ルールの廃止を決めた。

2021年卒生(現3年生)からは、この日程を政府が引継ぎ、企業や業界団体に「要請」という形でルールを守るよう、求めている。

しかし、法的な拘束力はなく、罰則規定もない。そのため、企業の採用担当者からは「採用スケジュールはすでに形骸化している」という声が続出、早期に採用活動を行う企業が相次いでいる。

その舞台になっているのが、「インターンシップ」だ。大学の夏休みの時期に就業体験ができるインターンシップを企業が相次いで実施、早い段階から学生と接触する機会をつくっている。もはや、「就活は3年生の夏から」という状況となっており、すでに志望企業を探し始めている学生も多い。

そうした状況を踏まえ、学生の就職人気ランキングについても、早い段階から調査・発表することを考え、3年生の夏休み終了時点での「速報版・就職人気ランキング」を作成した。

データは文化放送キャリアパートナーズ就職情報研究所の調査を基にしており、同社の就職サイト「ブンナビ!」に登録する、2021年春卒業予定の大学生や大学院生が調査対象者で、今回は登録会員のうち、5756人から回答を得た。

参考までに2020年卒生の就職人気ランキングについても掲載した。2020年卒前半は2018年10月から3月末まで、後半は2019年4月〜6月末までが投票期間となっている。ただし、調査の時期だけでなく、従来実施している仕事イメージを重視したポイント調整は行っておらず、条件が異なっていることをあらかじめご了解いただきたい。

普段の生活では目にしない優良BtoB企業の名前も

結果の上位を見ていこう。

全体を見ると、エアラインや旅行業界の企業が引き続き強さを見せる一方、総合商社やマスコミ(とくに出版)が上位に来ている。

1位は全日本空輸(ANA)となった。就職人気ランキングでは、ここ数年、トップの座を維持している。2021年卒でもその傾向が続いているといえるだろう。国内線、国際線ともに旅客数首位の座が続いており、充実した研修制度に対する学生の評価も高い。インバウンドの拡大などでエアライン業界の成長は続くと予想され、そうした点も人気を下支えしている。

2位は集英社。これまでのランキングでは、20位以下にランキングされていることが多かったが、今回のランキングでは人気を集めている。

最近は、就活の二極化が進んでおり、早期に活動する意欲の高い学生と、そうでない学生に別れる。意欲の高い学生は、総合商社やマスコミなど、難関大学の学生の入社が多い企業を狙う傾向がある。実際、2018年10月12日の配信記事「入社が難しい有名企業トップ200ランキング」の上位に入った企業の多くが、今回のランキングの上位に顔を出していることがわかる。

具体的には、集英社を筆頭に、4位のKADOKAWAや、5位の丸紅、6位の伊藤忠商事などが該当する。

3位は日本航空(JAL)で、7位にはJTBグループが入った。ANAと同様、エアラインや旅行業界の人気の強さがうかがえる。

一方、この時点では金融は8位日本生命保険、9位大和証券グループがトップ10に入った程度で、影が薄い印象を受ける。メガバンクに至っては、三菱UFJ銀行が28位に入ったのが最高で、みずほフィナンシャルグループに至っては100位以内に入ることができなかった。

トップ10以下の上位を見ると、コンサルティング会社やSI(システムインテグレータ)などが上位にきていることも特徴だろう。また、トヨタ自動車が31位と、これまでのランキングに比べて上位にきているのも見逃せない。

さらに、77位に金属加工機械メーカーの大手、アマダホールディングスといった優れたBtoB企業がランクインしている点も特筆すべき点だろう。就活の序盤ではあるが、企業研究を熱心に進めている就活生が評価して投票をした結果かもしれない。



■調査について
調査主体:文化放送キャリアパートナーズ 就職情報研究所
調査対象:2021年春入社希望の「ブンナビ!」会員(現大学3年生、現大学院1年生)
調査方法:文化放送キャリアパートナーズ運営の就職サイト「ブンナビ!」上でのWebアンケート、文化放送キャリアパートナーズ主催の就職イベント会場での紙・アプリアンケート
*投票者1名が最大5票を有し、志望企業を1位から5位まで選択、、順位ごとに5点から1点を配点し、その合計で順位を算出
調査期間:2019年6月1日〜9月16日
回答数:5756(うち男子2598・女子3158/文系4878・理系878)
総得票数:18556票
男女比を1:1にするため、男子得票数に1.215550423を掛けたポイント制。社名はアンケート上の名称で、1採用窓口=1社名を基準にしている。グループで採用が一本化されている場合は「○○グループ」等で表記