日本は前回の31位から28位に浮上した

写真拡大

 国際サッカー連盟(FIFA)は24日、最新のFIFAランキングを発表した。日本代表は前回の31位から28位にアップ。27位でアジア最上位のイランに次ぐ2番手となっている。

 上位陣はベルギーが昨年9月からの首位をキープ。2位フランス、3位ブラジル、4位イングランドまでは変動がなかった。また、5位にウルグアイ、6位にポルトガル、7位にクロアチア、8位にスペイン、9位にアルゼンチン、10位にコロンビアと続いてる。

順位は以下の通り※()は前回順位

1.(1)ベルギー

2.(2)フランス

3.(3)ブラジル

4.(4)イングランド

5.(6)ウルグアイ

6.(5)ポルトガル

7.(8)クロアチア

8.(7)スペイン

9.(10)アルゼンチン

10.(9)コロンビア

11.(12)メキシコ

12.(13)オランダ

13.(11)スイス

14.(14)デンマーク

15.(15)イタリア

16.(16)ドイツ

17.(17)チリ

18.(18)スウェーデン

19.(19)ペルー

20.(20)セネガル

21.(22)ポーランド

22.(25)ウクライナ

23.(21)アメリカ

24.(23)ウェールズ

25.(27)オーストリア

26.(26)ベネズエラ

27.(23)イラン

28.(31)日本

29.(29)チュニジア

29.(31)ルーマニア

……………

39.(37)韓国

44.(46)オーストラリア

57.(62)カタール

67.(66)UAE

69.(70)サウジアラビア

94.(97)キルギス

116.(115)タジキスタン

147.(145)ミャンマー

186.(183)モンゴル