Alpine Japon

写真拡大

1955年に創設されたスポーツカーメーカーであるアルピーヌ。70年代には、軽量、敏捷性が特長でアルピーヌを代表するモデル A110が世界ラリー選手権でチャンピオンを獲得するなど、その名が広く知られることとなった。

ルノー車をベースにスポーツモデルを作っており、ルノーとの関係が深かったアルピーヌは、その後ルノーの傘下に。引き続き、スポーツモデルを生産し、レースではル・マン24時間レースで優勝するなど活躍を続けたが、1995年にその活動を休止したのであった。

しかし、そのアルピーヌが2016年に復活し、昨年日本でも新型アルピーヌ A110の限定車プルミエール・エディションが発売された。現在アルピーヌ・ジャポンは、A110ピュア、A110リネージの2モデルを販売している。

そして、根強い支持を集め続けるアルピーヌA110のラインアップに、スポーツ性能を高めたアルピーヌ A110Sが加った。最新モデルは、第46回 東京モーターショー 2019にて出展され、10月23日(水)10:30から、アルピーヌ・ジャポン オフィシャル ウェブサイトにて先行予約が開始された。いち早く手に入れたい方はお早めに。

アルピーヌ A110S先行予約受付概要
先行予約受付期間:2019年10月23日(水)10:30から2020年2月9月(日)23:59
申込み方法:アルピーヌ・ジャポン オフィシャルウェブサイト内専用申込ページから申込み
※申込時に、クレジットカード決済で、申込金15万円をお支払いいただきます。
※アルピーヌ A110Sは、限定モデルではありません。

ALPINE A110S 商品ページはこちら(ページ内に申し込みページへのリンク有)
https://www.renault.jp/alpine/model/a110s/index.html