過去にいじめや虐待が…稲本潤一やジェイが所属したカーディフがいじめ調査で「重大な懸念」を発見

写真拡大

かつては元日本代表MF稲本潤一や現在は北海道コンサドーレ札幌でプレーする元イングランド代表FWジェイ・ボスロイドが所属したカーディフが、過去にクラブ内でいじめがあったようだ。クラブが公式声明を発表した。

事の発端は、2018年1月に遡る。かつて2度にわたってカーディフに在籍し、ニューカッスルやリバプール、マンチェスター・シティなどでもプレーした元ウェールズ代表FWクレイグ・ベラミー氏は、カーディフのU-18チームを率いていた。

しかし、保護者からいじめがあるとの報告を受け、クラブが内部調査を行うことを決定。それにより、ベラミーは辞任し、今年7月からアンデルレヒトのリザーブチームで監督を務めている。

ベラミーはこの訴えに対し事実を否定。しかし、今回のクラブの調査の結果、過去にはいじめがあったことが判明した。

「カーディフ・シティ・フットボールクラブは、現従業員および元従業員によるいじめ、および虐待の告発に対し、包括的な調査が終了したことを報告します」

「クラブの保護責任者が実施し、取締役会の上級メンバーが監督した調査は、関連する期間にわたる容認できないコーチング環境に関する多くの重要な懸念を浮き彫りにしました」

「効果的な保護プロセスが守られていないため、これらが拡大しました。カーディフ・シティ・フットボールクラブは、これらがもたらした影響と、その後の調査プロセスの影響を受けた人々に引き起こされた可能性のある苦痛を遺憾に思います」

「クラブの結論と、提案事項を含む機密調査レポートは、クラブの取締役会、プレミアリーグ、イングランドサッカー協会、ウェールズサッカー協会および、パートナーの皆様に提出されました。カーディフ・シティ・フットボールクラブの若い選手を保護するために、手順の大きな変更がその後実施され、これらの問題に対する認識が強化されることを確信しています」

なお、事実が判明したことにより、クラブは従業員に対して懲戒プロセスを構築するとのこと。そのため、個人に関連する事項の特定の詳細は公開しないとしている。

カーディフはウェールズの首都を本拠地としながら、ウェールズのリーグには参加せず、イングランドのリーグに参加。2013-14シーズン、2018-19シーズンはプレミアリーグに所属するなど、カーディフきっての強豪クラブだ。かつては稲本やジェイ、ベラミーの他、アーロン・ラムジーなどウェールズの有望な若手も所属。また、2019年1月にはナントから移籍が決定していたものの飛行機墜落事故に巻き込まれ命を落としたエミリアーノ・サラが加入するクラブでもあった。